Q,市場経済は効率的結果を導くという結論を、余剰概念に基づき説明せよ。

Q,市場経済は効率的結果を導くという結論を、余剰概念に基づき説明せよ。 A, 市場経済において消費者余剰と生産余剰は導かれて、どちらのか余剰を増やすためには、別の余剰を減らさなけばならない状態で均衡する。この均衡点において総余剰は最大となり、これ以上増やすことは出来ないことから効率的と言える。よって市場経済は効率的結果を導く。 私はこのように回答したのですが、どこを直したら良いですか?すみません、教えてください!

経済、景気 | 一般教養21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

部分均衡の話をしているのですから「どちらのか余剰を増やすためには、別の余剰を減らさなけばならない状態で均衡する。」の部分が意味不明です。

なるほど!一般均衡ではなく部分均衡だったんですね! では 市場経済において限界効用と限界費用が同じになる所で均衡するため、効率的な結果を導く。これは2つのパターンに分けて証明することができる。 限界効用>限界費用のとき 企業は超過利潤を得られるので、生産量を均衡点まで増やす。 限界効用<限界費用 企業は生産量を増やしても、費用が発生するだけなので、生産量を均衡点まで減らす。 よって市場経済は効率的結果を導くことができる。 このような説明でどうでしょうか?