ID非公開

2020/9/24 19:53

22回答

大工で個人事業主扱いの父が、今度、入る現場で発注元から書類の提出が求められています。 その中に以下のものがあります。

大工で個人事業主扱いの父が、今度、入る現場で発注元から書類の提出が求められています。 その中に以下のものがあります。 ・年金手帳写し、または年金番号が分かるもの ・労災保険写し ・保険証写し 関係的には以下のような感じです。 発注元企業 → 請負元 → 父 長い間、請負元からお仕事を頂いていますが、ここまで個人情報が求めてられるのは初めてです。 請負元にすら年金番号など提示したことはありません。 正直なところ、あまり提示したくないのです。 発注元が大手とのことで上記の提出を求められていますが、このようなことは大きな企業だと当たり前なのでしょうか? 提出する必要はあるのでしょうか? 社会勉強不足でお恥ずかしいのですが、ご教示いただけると幸いです。

ベストアンサー

2

施工体制台帳の作成義務が生じているのでは? 嫌なら仕事を断るべきです。 行政発注の工事では、年金や健康保険などの加入状況を把握し、指導する役割を元請や1次下請に求めていました。それが、平成28年度からは全ての下請け業者に範囲が広がったのです。 1人親方なのに、労災特別加入をしていないとか、会社組織なのに厚生年金加入していないとかの不正業者を排除するのが目的です。個人情報って言いますが、個人事業主の場合、組織体の情報が個人情報なのだから、世に晒さなくてどうやって健全な組織体だと証明するんですか?って事です。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます。なるほど、不正業者でないことを示すためにも必要な情報なのですね。理由が分からず不安だったのですが、とてもわかりやすく説明していただき納得できました。施工体制管理台帳や関連事項など、検索してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:9/24 22:01

その他の回答(1件)