投資信託での確定申告について 現在、特定口座(源泉徴収なし)で取引を行っていますが、 確定申告について疑問があります。

投資信託での確定申告について 現在、特定口座(源泉徴収なし)で取引を行っていますが、 確定申告について疑問があります。 会社員で、給与所得以外の所得が20万円いないの場合は、確定申告不要なはずです。 しかし調べてみると「住民税については申告必要」という文言が見受けられるのですが、 これはどういう意味でしょうか。 例えば会社員が年間で1万円の譲渡益があった場合、これは確定申告不要で合っていますか?

資産運用、投資信託、NISA | 税金25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

>これはどういう意味でしょうか。 「所得税」と「住民税」で規定が違うのです。 「所得税」には 年末調整を受けている会社員は、 20万円以下の所得の為に確定申告という作業は不要。 と言う「確定申告という作業の免除規定」が有ります。 住民税にはこういう規定が無いのです。 免除規定が無い=住民税の申告が必要 >これは確定申告不要で合っていますか? 有っています。 「確定申告」=「所得税の確定申告」です。 で、上記の規定が当てはまります。 でも、「住民税の申告」は必要です。 「譲渡益」が株式等の分離課税の所得であれば 「住民税の申告」をして「譲渡益の5%の住民税」の納税が必要です。

そもそも確定申告では、住民税の申告は含まれていないのですね。 ちなみに住民税の申告を行う場合には、ふるさと納税のワンストップ特例制度は利用できるのでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても分かりやすく、説明してくださりありがとうございました! 追加での質問にもお答え頂けて、助かりました!

お礼日時:9/24 23:12

その他の回答(2件)

1

私は働いていませんが、証券会社の取引明細書を持って行きます。配当金などの20%は税金として払ってるので、それが返ってきます。 とりあえず、確定申告に税務署に一度言ったら納得いくんじゃないですか?

1人がナイス!しています

0

あくまでも、年末調整して、20万以内の収入のための確定申告以外、確定申告する必要がない場合。所得税の確定申告をしなくても良い。 上記のとおりで、住民税の確定申告は、免除されてないから。