回答受付が終了しました

海上自衛隊は世界の海軍(核保有国以外)で何番目ぐらいに強いですか?

海上自衛隊は世界の海軍(核保有国以外)で何番目ぐらいに強いですか?

国際情勢24閲覧

回答(6件)

0

単純に水上艦艇数なら核保有国含めて世界3位(米中日) (水上艦艇数ならロシアは日本の7割程度) プラス、世界でも珍しい航空部隊重視の海軍(日本以外では米海軍くらい) ここ何十年も、その時の世界最大の海軍部隊と直接対峙 (冷戦時のソ連極東艦隊、現在の中国海軍) ていうことから、核保有国を含めても 米中の次くらい 実力的には中国を上回ると思う(中国海軍は対潜能力が低いので、実戦になったら日本の潜水艦探知出来ないしほとんど動けないと思う)

0

2番か3番か。 海軍だけでもそろそろ中国の物量に抗しきれないかな、とは思います。 ただ、海自に限らず、軍隊が陸海空の連携無く戦う時代はとうに過ぎていますからね。 統合運用の時代ですから。そうなると戦う場所によってこの手の順位は変動するでしょう。 それこそ海自のもう一つの面、航空海軍としては、空自の護衛を引き連れた哨戒機が対艦ミサイルで飽和攻撃を仕掛けたら防ぎ切る可能性があるのは米海軍ぐらいでしょうし。 P-1のように8発も対艦ミサイルを装備できる攻撃機が4機で32発を打ち込めばそうそうは防げません。*開発中の新型哨戒機用空対艦ミサイルの射程はかなり長いみたいですし。これが、シースキミングで低空を突き進み、水平線から顔を出すまで迎撃出来ないとなると無傷で艦隊を守り切るのは難しいでしょう。 *そもそもアメリカ製の艦対空ミサイルなら兎も角、中国のはロシア製の地対空ミサイルベースで低空を飛ぶ対艦ミサイルにどれだけ対応出来るか。 言い換えると護衛の戦闘機や哨戒機の行動範囲を出るとねぇ。 ましてやこっちが敵の陸上機の行動範囲に入る位置での戦闘となると。 *まぁ、仮に空自の支援はなく海自の航空のみだとして、哨戒機の支援が受けれる海域で、かつ中国は空母艦載機以外の戦闘機の支援を受けられない海域ならまだ海自が勝る可能性はあると思います。

0

核保有国以外なら、文句なしに1位です。核保有国を入れても、日本より上なのはアメリカだけです。よって2位ですね。 実戦経験を問題にされている方がいますが、ここ十年以上海軍がマトモに戦う戦争は無かった筈なので、実戦経験は全ての海軍で等しく皆無です

0

装備と規模で4位と 言われてます。 が〜 どうなのか? 未知数ですね。 かなり、不確定でしょ〜 軍隊の実力は半分以上が 実戦経験と言われます。 海自は今だに未経験です、過去の大戦の経験者も 居なくなり 訓練だけです。 人をリアルで殺す事が出来るのか? 其のメンタルに耐えれるのか? 先ず、このハードルを越えないければならない、装備以前に 装備をこなす兵士の心でしょ〜 米海軍が 断トツのトップは確定ですね、数え切れない戦闘を今もしてますから。 2位の中国も日本と変わりません、図体は大きいですが、なにせ実戦が 有りませんから、 元来、陸戦主体の国情です、海戦など 全くの未経験です。 3位のロシア、これも経験値は高いですよね〜 たぶん実力から 言ったら 2位と3位は ひっくり返ると思います。 4位は日本[上記しました] 5位のイギリス、これは 日本と入れ替わるでしょ、イギリスは大戦後、世界初で唯一の近代兵器による本格海戦を行った海軍す。 其の運用から 軍事パフォーマンスは流石ですね、[鉄の女・サッチャー]其のものです。王子まで兵役に着き最前線で戦闘するのですから、やはバイキングの子孫です、日本より上かと思います。 5位のフランス、細かな戦闘を繰り返して実績があります、有りえませんが、日本の海自と戦えば、正規戦で日本、ゲリラ戦でフランスですね、フランスのコンゴ動乱、コートジボワール紛争、シリア戦、イラク戦争などなど 多数の戦闘経験が有ります、メンタルで断然有利でしょう〜 以後、インド、韓国と続きますが、問題も無く、度外視してもいいかと〜 太平洋戦争迄は 海軍主体の日本で有り、海戦と言えば日本海軍でした、今は装備に似合うメンタルを失ってます、今の若い海自の兵士達、戦闘態勢に入る前に 鏡の前で 髪の毛をチェックしてる事でしょ〜。 いざ戦争となれば どれほどの人数が辞職するか分かりません、普段でも海自は募集してた若者は来ません、慢性人員不足です。 1戦闘をして補給に母港に帰還したら、3/1は退官を申し出ると思います。 戦にならないでしょ〜。 人を殺せるか?と言うメンタルの部分、逆に言えば、敵からも いつも狙われてると言う事です、犯罪を犯し警察から追われ隠れてる時の心情と変わらない時間が 永遠に続くのです、[戦争の終焉が見えない間は人は永遠のスパイラルと思うものです] 今の日本、海外派遣の自衛隊のひとりでも戦死したら、国会でパニックなりますよ、内閣は吹っ飛びます、国民は大騒ぎ! 何故 他国の為に死ななければならないのか!って〜直ぐに我が同胞の自衛隊を引き上げろ! って 我が子を守れ!の大合唱になります、戦死させた部隊司令官と防衛省は 裁判で被告とされ 吊るし上げられますね。 当然其処には憲法と自衛隊の法的問題が浮上するでしょ〜 そんな今の海上自衛隊に 戦闘実力の評価は出来ません、果たして戦闘じたい出来るのかも未知数ですから〜

1

核保有国以外であれば、一番だと思いますよ。

1人がナイス!しています