NSR250をレストアして試運転したところ80㎞/h位でハンドルから手を離すとハンドルが小刻みにぶれます。

NSR250をレストアして試運転したところ80㎞/h位でハンドルから手を離すとハンドルが小刻みにぶれます。 低速(50km以下)では全く問題ありません。色々交換してみましたが治りません。どなたかかわかる方、教えてください。よろしくお願いいたします。 これまでやったことは 1.フロントタイヤが偏摩耗していたので前後中古ですが良品に交換しました。両方ともバランスもとりました。それでも治りませんでした。 2.ステムを取り外して確認するとステムに少し曲がりがあるため、曲がりのない中古良品に交換しました。併せてステムベアリング上下ASSY交換しました。それでも治りませんでした。締付トルクも規定値です。 3.フォークオイルの漏れやにじみははありませんでしたが、念のために交換して規定量入れました。それでも治りませんでした。 4.原因はリヤにあるのではないかと思い調べたところ、チェーンに張りのムラ(一回転で張りの強いところと弱いところがある)があるため全体的にさらに緩めにしました。それでも治りませんでした。 これまでやったことは以上ですが、フォークのインナー、アウター、フロントアクスルシャフトは見た目曲がってないようなので交換していません。また前後のアクスルベアリングはガタもなく大丈夫です。 もう困り果てております。どなたかアドバイスをお願いいたします。

バイク | 車検、メンテナンス81閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

以前新品タイヤで同じ事を二回ほど経験してます。 メーカーもタイプも同じタイヤに減ったので交換したのですが、80キロピッタリでブレが出ます、手を離すと危険な常態です、何度もバランス取らないしましたが直らず、開き直り80キロ以下から以上で走ればブレは消えたので交換まで乗り、また同じタイヤ、モデルに交換したら、全く症状は出ませんでした。 タイヤを新品に替えてみた方が良いと思います。 ただステムが曲がっていたとの事はフレーム(首周り)波及して変化ある可能性大です。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。タイヤですか。もう一台の正常なフロントホイル・タイヤセットを付けてみたいと思います。また、フレームの曲がりかもとのことですが、ハンドルストッパに大きな圧痕はありませんが、その可能性もあるのでしょうか。

その他の回答(6件)

1

新車でも状況によってはハンドルから手を離すとハンドルが左右に小刻みに振れる車両はあります。

1人がナイス!しています

0

どうも 大型二輪に乗る者です 車のエンジン脱着経験あります 質問者さんへ 厳しく聞こえたら申し訳ないですが 事実なので 申し上げます まず 根本的に 考え間違いをされています 古くて 部品無いのは仕方ないですが 新品で手に入る物は 「新品」にして 「試す」事 これは 「必須」です! 部品も 「目視」は 「当てにならない」事 これも「常識」です まれに「超感覚」の人がいたり (職人等です) 私自身数年に1度 部品同士を「見ただけ」で 異常・正常の判別が付いたり 「分かる」時がありますが 実際にあっても そう言う判別力は安定せず 身体のコンディションに 左右される判別力は 「当てにしてはイケない」のは 「言うまでもない」事 であり 「測定器具」等で図るのは 整備の 「基本」です! 基本を守らないで キチンと整備出来る筈が 「ありません」ヨ! 走らない状態の セッティング中ならば いざ知らず! ことここへ「至った」なら! (走行出来る状態という意味です) 部品は可能な限り ケチをせず 「新品」を使用です! 予備部品を使って (タイヤ&ウィールです) 試そうとしていますが!! ・「愚の骨頂」 ・「愚か者行為」 ・「自身で失敗を招いている」 行いにしか見えません! 一番やってはいけない事です! それ 私の先輩がやっていました 「ドツボにハマる」パターンです! お止めなさい 私の先輩も エンジンをボアアップ出来る位の スキルがあり 部分部分を見ると私より行動力があり 技術も有ったのですが 大雑把過ぎて ドツボにハマり 私が遠慮がちに助言すると 「違うと思うが試してみるヨ」 と 言いつつ その助言が合っていると 「言われた所見たら直ったよ!」 と 喜んでくれたりしました (私の助言通り「腰下」に「問題があった」のでしょう) (そりゃ幾らシリンダーバラしても直らない筈です) 質問者クンの 「ハマり」も 「同じ」に見えます 古いバイクを 自分で直せそうな場合に多いのですが 節約出来る場所は 構いませんが 「掛けるべき箇所」には 金が掛かっても「新品」を 装着すべきなのです! ・タイヤ ・アクスルベアリング ・チェーン(スプロケもです) これら 最低限「新品!」ですよ!? 私の車両 齢(「よわい」、年齢と言う意味です) 30年オーバーですが 上記は 社外を含め全て「新品」 が手に入ります 質問者クン車両と 生産は近い筈です なので 入手は出来ます また チェーンはその状態では 使用してはイケない案件です (「チェーン伸び」が発生しています、いつ切れてもおかしくない状況) 「即交換」です! (スプロケと「セット交換」です) (チェーン「だけ」交換は「あり得ません」から、念のため) さて タイヤ アクスルベアリング チェーン を新品交換します さらに アクスルシャフトも 平らな平滑な場所で 「曲がりが無い事」を 確認しなければなりません タイヤを交換し 前後のラインも チェックです タイヤのエア圧を少し高め (F 2.3~2.4kg/cm2 ) リアは 規程値で様子を見ます キャスター角が 「立つ」 (フレーム等に曲がりが無い前提で前傾姿勢の場合にこれ(ハンドルの振動)が起きます) 足用原付(90cc)で リアを10mmワイドタイヤにし 扁平を変えなかったので タイヤ径が増え 僅かにリアが車高が上がったところ 最初は気付かなかったのですが フロントが「震え」ました (私の車両の場合発進して直ぐ位の10~15km/h辺りで震えそれ以下やそれ以上ではなりませんでした) (一度発現するもその後消えたのは50km/L辺りで手離しすると質問者クン車両の様になった事があります、これはいつの間にか消失しました) ワイドタイヤ交換後の話です (思うにフロントのエア圧上げたりリアタイヤ摩耗でフロント下がり傾向が緩和した為では無いかと考えます) なので フロントを上げたり リアを下げて キャスター角の「立ち」 を 「穏やか」にすると 「緩和」する可能性があります なので フロントタイヤの幅アップ (フロントの高さ向上) や リアサスの工夫で (リアの高さ低下) キャスター角を穏やかにすると 症状の緩和が 図れる可能性があります さらに ハンドルバーエンド (グリップの外側です) に 装着する ハンドルバーウェイト なるパーツがあり これも シミー現象の緩和に 寄与するパーツです 検討されて下さい では無事に 症状が軽減・消失する様 祈っています タイヤ・部品は 「新品」ですよ! 分かりましたネ!!

0

89nsrの場合ですがキャスターが立っているため、非常に怖い思いをしたことがあります。もう30年くらい前ですが。純正で付いていたタイヤが減ってきて、丁度80キロあたりで共振というか、細かくブレることがありました。まあそういうものと思って乗っていましたが、BSの新しいラジアルに変えたら直りました。 怖い思いというのは、nsrは車体が硬いので、速度を出してギャップを越えるとハンドルが思い切り左右にブレるのです。タンクに両手が当たるほどです。たまたま転倒せずに済みましたが3回目に懲りてステアリングダンパーを入れ、今に至ります。 まずはタイヤを新品に、そして転ばぬ先の杖、ついてなければステアリングダンパーの装着をお勧めします。丁度フレームに取り付け部もありますしね。ご参考になれば幸いです。

0

先ずは、前後とも、新品の(出来るだけ速度レンジの高い)タイヤに交換する事をお薦めしますね。 以下、お書きになってる事に対して、全般、コメントしてみます。 参考になれば幸甚です。 ------------ > 1.フロントタイヤが偏摩耗していたので前後中古ですが良品に交換しました。両方ともバランスもとりました。それでも治りませんでした。 ウォブル発生対策に中古タイヤはあまりにばかげてますよ。 そのタイヤを履いてたマシンのクセまで背負い込む事になります。 こういう時は、前後とも 出来るだけ速度レンジの高い新品タイヤ を使うものです。 > 2.ステムを取り外して確認するとステムに少し曲がりがあるため、曲がりのない中古良品に交換しました。併せてステムベアリング上下ASSY交換しました。それでも治りませんでした。締付トルクも規定値です。 高速直進で穏やかに蛇行してしまうのは、ベアリングの段付きや与圧のかけ過ぎで発生している事が多いです。 さて、ステムベアリングの与圧は正しく与えられてるでしょうか? 少しばかりのウォブルを抑え込むのに、わずかに与圧を強めに与えるのは効果がありますが、与圧か強すぎると ほんのわずかな段差越えでステムベアリングが逝ってしまうので、与圧調整のは充分な注意が必要です。 > 3.フォークオイルの漏れやにじみははありませんでしたが、念のために交換して規定量入れました。それでも治りませんでした。 フォークオイルの油面の左右差で、路面の凹凸を拾った時に左右に振られる事はありますが。今般の件には関係無いように思います。 > 4.原因はリヤにあるのではないかと思い調べたところ、チェーンに張りのムラ(一回転で張りの強いところと弱いところがある)があるため全体的にさらに緩めにしました。それでも治りませんでした。 某、高級外車で実はやたらにウォブルが発生する機種がありますが、大抵はリヤタイヤの更新 若しくはリヤハブの手入で収束します。 それだけ、後輪の影響が大きいという事ですが、目の付け所としては悪くないと思いますよ。

1

まず、前後輪の整列を見るべきだけど、見たの? チェーンアジャスターの目盛りだけじゃ全く当てにならないよ?

1人がナイス!しています