先に質問させて頂いた「株売却の通算譲渡損益の確定申告について」yamotoshi_chan様から貴重なご回答を頂いていますが、

先に質問させて頂いた「株売却の通算譲渡損益の確定申告について」yamotoshi_chan様から貴重なご回答を頂いていますが、 更に理解を深めるために追加の質問をさせて頂きたくよろしくお願いします。 (先の質問の続きとして返信したのですが、「何らかの理由で送信できませんでした」とのメッセージが出てうまく行きません。そこでこうした手段をとらせて頂きましたのご容赦下さい。) 記 先の「返信」は字数制限のため舌足らずになっていると思いますので、説明を追加させて頂きます。 Q1のご回答欄にある住民税35.6万円は株の通算損益の申告額を除いた年金等の所得348万円に対するもので、例えば(私の住む市での計算では)348*0.1003+0.53=35.4万円とされていらっしゃると推測します。一方、Q4のご回答欄にありますように「損益通算を含めた合計所得金額2,400万円が税務署から市に通知され、市はこの合計所得額をベースに住民税が算出される」のであれば、住民税は2,400*0.1003+0.53=241.3万円になります。この場合、特定口座では住民税が税率5%で徴収されていますが、通算損益の確定申告をするとこれがキャンセルされて、上記の合計所得額に課税された241.3万円が住民税となるのかという点がはっきり理解出来ておりません。 ポイントは、上記ふたつの算出法による住民税35.4万円と241.3万円のどちらが正しいのでしょうか?くどくて申し訳ありませんが、金額差が大きいので改めて確認・質問させて頂く次第です。よろしくお願いします。

税金20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

確かに、一定時間を経過すると変なメッセージが出ますね。 そういう場合は、記入した内容をコピーをしておいて、一旦質問を閉じれば、返信できるようになるようです。 それはそれとして、 元の質問に返信してありますが、合計所得金額は2、400万円ですが、税額の計算では、総合課税分と申告分離課税分を別々に計算します。 総合課税分は400万円で、これは税率10%です。 株式の譲渡益は申告分離課税で税率は5%ですが、源泉徴収あり口座なので、すでに証券会社が利益3、000万円分の税金(所得税と住民税)を源泉徴収しています。なので、確定申告で2つの口座の損益通算をすれば、1、000万円分の税金(所得税と住民税)が還付の対象になります。

yomotoshi_chan様 お忙しいところ、度々詳細なご説明を頂戴しましたこと、衷心より御礼申し上げます。大変参考になりました。ありがとうございました。 尚、最後にお詫びしなければならないことが一つございます。それは、質問するに際してご回答様方のご関心を引き、是非ともご回答を頂きたいとインパクトのあるものにする工夫をしました。即ち、質問では株譲渡益の金額を実際とは大きく違ったかなりの高額なものにしました。かかる小細工を弄してまで質問を致しました不誠実をお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。