【美味しい抹茶を知る方法】

【美味しい抹茶を知る方法】 売られている抹茶は、 街のお茶屋さん≒スーパーのお茶売り場<デパートのお茶屋さん<街のお茶専門店(老舗) という印象があります。 抹茶の質を少しずつグレードアップさせたい場合、茶道をされている方々はどのように入手されるのでしょうか? オススメのサイト等あれば、そちらのリンクも教えて頂けるとありがたいです。 ちなみに20g入りで1,000円前後のお抹茶は、10段階評価でどれくらいのレベルでしょうか? (1:安価 10:最高級)の場合

茶道 | 一般教養16閲覧

ベストアンサー

1

茶舗(お茶屋さん)と言っても、煎茶販売を主としている茶舗(町の商店街の茶店)は仕入れて販売しており、主は煎茶ですので、抹茶が良く売れている茶舗(京都に本店がある茶舗が大半)でないと、古い抹茶を販売していることが多々あります。抹茶は鮮度が重要です。 大都市では、茶人の多くは抹茶製造販売している、又は抹茶を仕入れている抹茶専門茶舗(100g単位で売るところも多い)があり、そこで購入しています。なお抹茶は京都が専門と思っている方が多いですが、全国の抹茶製造は愛知県の西尾市が7割(以前は8割だった)、その他が静岡、九州(嬉野や鹿児島)、京都が各1割です。小売店舗はネットで検索すれば多数の通販している専門茶舗が容易に見つかります。 抹茶はおおむね40gで売られていますが、東京のデパートへの出店茶舗では、薄茶で600~800~円、濃茶で1000円~です。質問者の20g 1000円は超高級(又は割高)です。最高級とされる茶道流派の家元好みでは40g 4000円(家元推奨名義料が高額)です。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答をありがとうございました。 ベストアンサーには選べませんでしたが、他にもご回答をくださった方にも感謝申し上げます。

お礼日時:10/1 20:43

その他の回答(1件)

1

私は、抹茶の味は売っている店ではなく、各メーカーが定めているグレードで決まると考えています。 私自身は、以前習っていた先生が使っておられたお茶と同じお茶を使用していますが特に不満はありません。 {例えば、宇治の山政小山園詰めでは、天王山(てんのうざん)、先陣の昔(せんじんのむかし)、式部の昔(しきぶのむかし)、小倉山(おぐらやま)、四方の薫(よものかおり)など色々あり、これらの上にも下にもまだたくさんのグレードがありますが、私の知っている教室では、薄茶には四方の薫を、濃茶には天王山を使用しており、両者の価格には3倍以上の開きがあるようです。} 現在では殆どのお茶の産地で抹茶を製造しているようで、どちらのお茶も同じ価格帯ではほぼ同じ美味しさと考えて良さそうです。 夫々のお茶の産地の抹茶の詳細はインターネットでお調べになれば容易にお知りになる事が可能と存じます。 私は、茶道のお家元が命名されたお茶は選択の際の手がかりとして活用しています。 各流派のお家元が命名されるお茶はその流派専用に作られるものではなく、メーカーの定めたグレードのお茶の中でお気に召した幾つかに対してお家元が銘をつけて下さるのが普通で、同じお茶に対して各流派毎に独自の銘がつけられているのを見かける事があります)

1人がナイス!しています