ID非公開

2020/9/27 18:41

1212回答

オクタン価が高いほうがいいって言いますがその理由を解説お願いします知ってる人。

オクタン価が高いほうがいいって言いますがその理由を解説お願いします知ってる人。 それ用に設計されてるからという意見は聞きあきたので説明不要。 レースエンジンはレギュラよりもオクタン価が高いガソリンですよね。 それってやっぱりオクタン価が高いほうがハイパワーが出るからなんでしょう。 レギュラー用に設計すればF1のエンジンでもオクタン価指定が高いエンジンと同じパワーが出るのならF1だってそういう設計にするでしょう。 ほらね。結局はオクタン価が高い燃料のほうがパワーが出るってことじゃないですか。 オクタン価が低いガソリンで設計ががんばって合わせてもオクタン価が高いエンジンよりも結局パワーは低くなるんでしょう。 その理屈を質問しているんですよ。

ベストアンサー

2

燃焼時の最高圧を高くできるから、効率が良くなる。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

素晴らしい解説ですね。高僧の一言を聞くような。 他の回答者さんは見た、聞いたという知識だけですね。 いくら長文でもデトネーションという言葉が出てこないのがその証拠です。そんな薄っぺらな知識しか持ってないくせに上から説教なんてかたはら痛いですよはははー。

お礼日時:9/28 4:24

その他の回答(11件)

0

ハイパワーを出すためにエンジンの圧縮比を上げたエンジンだと、圧縮中にガソリンに火がついて異常燃焼を起こす危険があるため、燃えにくいオクタン価の高いガソリンが選ばれるだけで、オクタン価が高いからパワーが出るわけではない。

2

ド素人でしょうな オクタン価は簡単に言えば燃焼しにくいということ そりゃ高圧縮エンジンならパワーは出るし そういう用途で作っておる エンジンはパワーだけじゃない 街乗り用という用途は頭にない凡蔵か?

2人がナイス!しています

1

オクタン価は発火点の温度の高さによって違います。 つまり、発火点が高いほど、オクタン価が高いのですが、 オクタン価が高いから良いのではなく、圧縮比の高い、 エンジンでは圧縮中にレギュラーガソリンの様にオクタ ン価80程度のガソリンでは、圧縮上死点までピストンが 上がり切る前に自然発火してしまい、本来の設計上の出力 を得られないので、オクタン価90~100のハイオクタン価 ガソリンを使用します。 フランスでは、オクタン価70からミドルの80、ハイの90み たいに、オクタン価によってガソリンスタンドで使い分けも できます。 ちなみに米軍はオクタン価120とか130のガソリンを使ってい ますが、あくまでも燃料添加剤を混ぜた結果のオクタン価設定 になっています。 つまり、膨張効率を得るために、燃焼気を高圧縮するほど爆発 力が高くなり、出力が上がるということです。 それで、オクタン価が高いエンジンという、表現は間違い。 なんにも分かっていない証拠です。 オクタン価=発火点の高さ。 圧縮するほど、温度が上がります。 発火点は僅か30度程度の違いですが、その違いだけで、圧縮 途中で自然発火してしまう訳です。 燃えにくさの違いだと理解しましょう。

1人がナイス!しています

1

オクタン価が高いとパワーが出る と思ってる時点で知識の間違いや。 例えばガソリンエンジンのトラックのエンジンとかで考えるとオクタン価高くても低くても出る馬力は同じなの。 みなさん、「パワーが出る」って言ってることを訂正してあげないと。

1人がナイス!しています

1

>それってやっぱりオクタン価が高いほうがハイパワーが出るからなんでしょう。 ちょっと違う。ハイチューンエンジンにはオクタン価が高いガスが必要、が正解です。逆に言えばそれほどシビアな設計をしていないエンジンであれば、どっちを入れても出力は変わりません。 ここでいうハイチューンエンジンとはピストンスピードが高く、かつハイコンプレッションなエンジンを指します。 内燃機の出力を上げるには1回あたりの爆発力を高くするか、回転数を上げて単位時間あたりの仕事量を増やすかの2つの方法があります。前者の解決のために圧縮を上げ、後者の解決のために回転数を上げます。シビアな高温度環境とタイミングで正確に点火させるためにハイオクタンのガスが必要です。 オクタン価が低いガスはディーゼレーションを起こすため、上記環境下では使用できません。 これくらいちょっと調べればわかると思うんだけどな・・。

1人がナイス!しています