デリケートな質問です。宗教に関してなのですが、キリスト教や仏教、また新興宗教など色々ありますが、私はこう思います。

デリケートな質問です。宗教に関してなのですが、キリスト教や仏教、また新興宗教など色々ありますが、私はこう思います。 「他人が作った宗教を盲信するのはバカバカしいのではないか?」と。 聖書に沿って行動を決め、何も考えずにただ信じることが良いことなのでしょうか?(『良いこと』について議論すると長くなるのでここではいろんな定義があることにします) 自分で考えながら、この宗教のここは正しい部分である、だがここは違うのではないか、こうした方が良いのではないかと考えながら日々進化していく方が、人間的に成長できる気がします。 要するに、科学的根拠のない戒律だらけの宗教に入って妄信するのはいかがなものかと言うわけです。「宗教に入る人間は科学的根拠などガン無視である」と言われればそれまでなのですが… ご意見よろしくおねがいします。

補足

皆さん回答ありがとうございます。どの方も大変分かりやすい回答です。特に最初の方のご説明の通り、人によって優先すべき尺度が違うというのはとても納得のいくものですね。 私は自分自身の神様を信じて、日々哲学的に考えながら生きています。私の宗教の教義は「自分の気持ちさえ良ければ良い」なので、正に最初の方の言う通りですね。信仰の自由はいいものですね。 この質問はしばらく締め切らず残しておきます

宗教 | 哲学、倫理119閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

宗教は、生きることに必死で宗教について考える時間のない人も救済できるよう、盲信しても良いようにできている部分があります。 豊かな時代に生まれた我々ではすぐには思いつかないことかと思いますが、そういう時代の中で多くの宗教が発展してきた歴史があります。 例えば仏教は本来、哲学的な要素が強いものでしたが、僧侶は自分達が修行することで学ぶ暇のない貧しい人々も救済したいと考え、その結果として生まれたのが大乗仏教です。そのため、ただ念仏を唱えれば成仏できるようになっています。 「何も考えずにただ信じることが良いこと」かと問われれば、確かにそうではないでしょう。しかし宗教は形而上の概念に留まらず、現実的に人々の心を救済することを目的としたものでもあります。極端な言い方をすれば、死に行く人に残酷な現実を突きつけて絶望させるよりも、その人が心安らかに旅立てるのであれば、その手段として嘘でさえ選ぶのが宗教であり、そこが学問との大きな違いであろうと個人的には思います。 学問は客観へ向かい、宗教は主観に向かうもので、人は時に主観的な思い込みから死に至ることもあります。例えば目隠しをしている人の腕に刃物を押し当てて実際は切らず、ただ本人には切ったと信じ込ませた上で水を垂らし続けると、大量出血していると思い込んで、本当に死んでしまうことがあるそうです。 主観による死を避けるのに必要なのは希望で、それは時に現実とは違うものであっても役に立つことがあるのではないかと思います。 勿論、豊かな時代の我々が盲信に甘んじていてよいとは思いません。ただ、宗教の役割として盲信がなぜ排除されずに続いてきたか、その歴史を知っておくことは宗教を理解する上で役に立つかもしれません。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

宗教は深く考えるものである。ただしカルトは洗脳。短くまとめるとこうなりました。皆さんありがとうございました。

お礼日時:9/29 10:10

その他の回答(15件)

0

「良いこと」には「いろんな定義がある」と あなた自身が認めているわけですから、 信者ひとりひとりが自分なりの「良いこと」を 追求すればそれていいわけです。 あなたはあなたの脳内の神を信じておれば良いし、 カルト宗教の信者はカルト宗教を信じておれば良い。 科学を信じる人は科学を信じておれば良いし、 戒律を信じたい人は戒律を信じておれば良い。 相手の生き方を「バカバカしい」と思うのは あなたの自由ですし、相手があなたのことを 「神を信じずに自分から地獄に落ちるバカ」と 思うのも自由でしょう。 「良いこと」には「いろんな定義がある」。 そのとおりです。

捕捉は編集できないのでここにまとめさせて書かせていただきます。回答主さん、ご容赦ください。 皆さんの意見を聞いて、自分が宗教について浅はかであったことを知れました。正直「何だこの宗教差別主義者は」と思われた方も居ると思いますが、怒らずに皆さん冷静に諭してくださって感謝しています。 一人荒らしが出てしまいましたが、それはさておき14件の回答はどれもとても参考になるもので、ベストアンサーを選ぶべきか投票にすべきか悩んでいます。 皆さん回答ありがとうございました。

0

何も考えずに、聖書に従ってません。 先入観を持って見るのは辞めてください。 御自身が、「盲信」しなければ良い話しでしょ? 宗教に関わってる人が皆、盲信とはどの様な了見からでしょう? 其の様な「色眼鏡」こそ「盲信」の賜物です…って、思いません?

最後の盲信の意味は神に対するそれとは違う意味であり前者のそれとは比較することはできないと思いますが、納得しました。 皆さんの質問で宗教とは私が思っていたよりはるかに深く考えるものであったのですね。 宗教に対してのステレオタイプを改められそうです。 ありがとうございます。

0

現代の宗教は、けっこう哲学的に考えてますよ。 盲信してる信者もいますけど、この世の道理を哲学的に学んだ上で、それぞれの神や仏を信じてる人の方が多いですよ。 盲信してる人もいるし、盲信させる(洗脳する)宗教もありますよ。 知恵を持って判断することが必要となりますね。

1

一体これのどこが「デリケートな質問」なのか。 ただの乱暴で粗雑な質問ではないか。 他人の信仰心を貶し、「盲信」だと決めつけ、「バカバカしい」と見下す、 傲慢そのものの質問ではないか。 君は宗教の信者を馬鹿にしているが、 キリスト教も仏教も新興宗教も十把一絡げにあしらい、 それぞれの違いを見分けることすらできずに片付けている態度は、 まさに愚か者の代表ではないか。 「聖書に沿って行動を決め、何も考えずにただ信じること」と君は言うが、 聖書を読む者はそれを神からのメッセージとして真剣に受け取り、 それを生活の中でどう生かすべきか悩んで、考えて、努力しているのだ。 君のように何も考えず、何も知ろうとせず、何も調べることなく、 ただ決めつけているだけのお気楽な人生を生きている訳ではないのだ。 君の方こそ、 己の欲望のままに操られ、無知な自分の意見に沿って行動を決めている ではないか。 よくもそれで他人の行動を批判できるものだ。 恥を知り給え。 おまけに君は、議論するとすぐ言い負かされることが分かっているから、 「ここではいろんな定義があることにします」などと逃げ道を作る。 そんな卑怯なマネをしてまで自分の主張を押し付けたいのか? まるで駄々っ子ではないか。 「自分で考えながら、この宗教のここは正しい部分である、だがここは 違うのではないか、こうした方が良いのではないかと考えながら 日々進化していく方が、人間的に成長できる気がします」と君は言うが、 そのセリフ、そっくりそのまま君に返そう。 君は何も考えていないから闇雲に宗教を嫌っているのだし、 宗教について是々非々で検討したことがないからこそ、 このような下らない質問をしているのではないか。 他人を批判する前にまずは自分自身を見つめ直しなさい。 こうした方が成長できる、などというお節介は、 自分自身が成長してから焼けばよろしい。 それから「科学的根拠のない」と君は言うが、 宗教に科学的な根拠を求めるのが筋違いだということすら、 君は理解できないのか。 その程度の知能しかないのによくも偉そうに語れるものだ。 「戒律だらけの宗教」とはどの宗教のことを言ってるのか。 君の頭の中にだけ存在する妄想宗教ではないのか。 君の頭の中には、盲信以外の信仰という概念はないのか? 君こそ「宗教など意地でも信じないぞ教」を盲信しているではないか。 「『宗教に入る人間は科学的根拠などガン無視である』と言われれば それまで」と君は言うが、それを言っているのは君自身だ。 真理を量る物差しが君の中にないから、 (科学者でもないただの科学主義者に過ぎないくせに) 「科学的根拠」を持ち出さざるを得ず、 それを批判されることを見越して、 こちら側が「ガン無視」しているとレッテルを貼って逃げる。 そんな浅ましいことをして、人として恥ずかしくはないのか? おい、答えてみろ。

1人がナイス!しています

ごめんなさい お気に触られたようで 残念ながらこの質問が煽るような文体なのは回答を得る為にやった私の故意のものです お気に触られたならすいません。 しかし残念ながら私にはさまざまな考え方がある宗教に関して議論しようなどという浅はかな考えには到底至りません その点ご容赦ください しかしながらデリケートの意味がわかっていない、また科学的根拠の部分など、矛盾してるのに無理くり議論を持ち出そうとされても、こちらは困ってしまうwwwばかりでwwww あまりにも酷くwww矛盾した回答でwwあったため返信させていただきました。 宗教ではなく日本語のお話なら議論致しましょう。その時は是非正しい日本語で、喧嘩腰でないようにお願いいたします。