結婚時における虚偽申告は有責離婚の理由になるし感情的にも許せないことだと思いますが、結婚時の申告について質問です。

結婚時における虚偽申告は有責離婚の理由になるし感情的にも許せないことだと思いますが、結婚時の申告について質問です。 たとえば、婚活中の男性の場合「転勤の有無」がネックになって断られてしまうことは往々にしてあります。 ここで、ある男性が以下のような申告した場合、有責離婚の引き金になりえるでしょうか? ・有名企業勤務32歳年収600万 ・婚活で話が進んでいる女性は、転勤ある人は絶対NG ・(本当は全国転勤あるけど)「転勤はしなくてもいい」と申告 ・確かに会社では一切転勤していない人はいるので嘘はついていない ↓ 結婚して家庭を持つ ↓ ・10年余りたって40代半ばになった際、せいぜい年収700万程度になる。他の同期は800万~になっているのが多数派 ・あれやこれやの理由を使って転勤の話を強行に断り続けているので特段仕事が出来ないわけじゃないのに昇進が遅れている この場合結婚の時点で「年収600万」「転勤しなくてもいい(ゴネてしてない人も社内に実際にいる)」との申告は嘘ではありませんが、この場合「騙された」と捉える人の方が多いでしょうか? また、結婚生活自体に他に大きな問題が無ければ腹は立ってもそれをトリガーに離婚とまでなることはあまりないでしょうか? (40代大手勤務としてはしょぼい年収だけどそれなりに稼いでいる…ならば)

結婚55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

私も婚活していましたが、転勤がある人はNGでした。 自分も東京の会社に登録しているので、結婚後も引き続き、関東圏に住めるのが条件でした。 ただ、年を取って年収が変わる、下がるのは、わざわざ言わなくてもいい気がします。 なぜなら、5年後や10年後に年収が下がったとしても、騙されたとはならない気がしますので。 でも、転勤の件は伝えないとまずいです。

その他の回答(3件)

0

いや、嘘ついているじゃないですか。 「転勤はしなくてもいい」は嘘ですよね。 そうではなく、 「全国転勤はあるが、断ることもできなくはない」 と言えばまあ嘘ではない。 自分に都合がいいように軽度な嘘をつく人は頻繁に繰り返すので、本件以外でも、(自分の認識では)軽い嘘を複数ついているはずで、慢性的な嘘つきなら離婚したいでしょうね。 騙されたというより、嘘つきで人間的につまらない人というイメージ

0

女性を騙してまで結婚しようとするのもどうかと思いますよ。 ボロが出てしまえば信用されなくなりますよ。

0

お相手には、転勤があることをお伝えした方が、よろしいのでは? 私は、転勤族の父を持ったこどもでした。 南関東関東一帯でぐるぐる転勤して、小中学校を、何度か転校しています。 会社や場所によっては、 社宅があったり 借り上げのマンションがあったり 自分達で手配しないといけないところもありましたが、やはり家族にとっては負担ですよ。 特に、社宅や借り上げのマンションだと、周りがみんな会社関係者でしょう? コミュ障やそれに近い方だと、普通のご近所付き合いも大変なのに、旦那さんの会社関係だと、息が抜けません。 小さな時は、引越しの間だけ、祖父母の家に預けられたりしました。 今思えば、いろいろなところに住んでいたので、街の感じがわかります。 大人になってからも、たまに行きます。