回答受付が終了しました

フィルム面の上下をカットしたらパノラマでしょうか。 そうやって売ってたカメラがありましたよね。

フィルム面の上下をカットしたらパノラマでしょうか。 そうやって売ってたカメラがありましたよね。 だったら左右をカットしたら望遠撮影なんですか。 ハーフ判カメラって望遠なんですか左右が半分ですが。 上下をマスキングして撮影したらパノラマってのが理解できない。

回答(14件)

0

見た目はパノラマですけども、大抵は レンズの画角はそのままですので 本当にワイド感溢れる写真とは 言いにくいでしょうね。 一言でいうとワイド風でしょうか。 一眼レフとかで超広角レンズで上下を カットしたら歪みの部分も排除出来て いいかもしれません。

0

フイルムカメラ時代の簡易パノラマの事ですね。 結構遊んだものですが。 舞台写真なんて撮影して結構当時は好評でしたよ。 映画的に写真撮影なんて言って得意になっていたものです。 それと比較するとデジタルカメラでは本格的にパノラマ写真が楽しめるという事ですか。

0

写真の楽しみ方の一つでしょう。 写真は大きい方が楽しめます。 大きいプリントは比較的高価です。 写真のプリントとしてLサイズが多いという事実がありました。 このLサイズの印画紙(長いロール)に横方向を延ばしてプリントすることで比較的安く大きなプリントを手に出来るようにしたのがパノラマプリントです。 レンズ付きフィルムで出て他のカメラでも出るようになりました。 プリント方法が重要で普通に撮影されたネガからプリントしてくれれば良かったのですがプリント現場での混乱を防ぐため基本は上下をマスクしたネガにするという方法でした。

この返信は削除されました

0

ハーフ判はレンズが小さくなっています。レンズを換えないと望遠になりません。トリーミングでは粒子が粗くなって画像が悪くなります。

0

ありましたねぇ~、そんなの。 人間の目は誤魔化されやすいので「上下カット」して横長にすれば、見た目はパノラマのように見えてしまう。我々は「自分が見たいように見ている」証拠です。 でも、真面目に「左右を広げて」パノラマという機種もありました。 仰せの通り、現在のAPS-C機やクロップ機能は「疑似望遠」になります。