ID非公開

2020/9/30 13:35

88回答

カメラの電池です。LP-E6Nという型番です。純正品は8000円弱ですが、互換品は2個セットで2500円弱です。何でこんなに値段が違うんですか。

カメラの電池です。LP-E6Nという型番です。純正品は8000円弱ですが、互換品は2個セットで2500円弱です。何でこんなに値段が違うんですか。 ROWA Japanを買おうと思います。他に良い電池があったら教えてください。

ベストアンサー

1

インクジェットプリンタのインクの様なビジネスモデルなので、純正消耗品の利益率は高く設定されてます。 中華バッテリの表面に、例えば「1050mAh」と書いてあったとしても、説明書かどこかにそれが「容量」であると明記されていない限り、「容量」とは限りません、商品名カモ知れません。 「1050mAh」とバッテリー表面記載の中華バッテリーの容量を実測してみたところ、832mAhでした。個体のバラつきが大きいので、参考程度にしかなりませんが。 容量だけでなく、放電特性等も異なりますので、御注意下さい。(他社製品ですが、下記図参照。) また、中華バッテリーの中には、使用中に膨らんで来るものがあります。手許にそういう現物が実在してますので、間違いありません。 という事で、ユーザがテイクするリスク相当分が、価格差として反映されている面もあります。 P.S. 正体を確かめた上で、全てのリスクを想定の上で使用する分には、中華バッテリーでも使えます。

画像

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

凄く勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:9/30 15:23

その他の回答(7件)

0

互換バッテリーは信用がないから安くしないと売れないから。 互換バッテリーのメリットは安さだけ。 デメリットは、充電容量がバラバラ、使用可能時間が短い、突然ダウンする、充電可能回数が少ない、発熱が大きい、最悪発火、バッテリーが膨れて入れられなくなる、バッテリーが膨れて取り出せなくなる、異常や故障しても保証は無い、互換バッテリー使用でカメラが壊れてもメーカー保証受けられない。 貰ったカメラで壊れても良いと思うなら互換バッテリーでも良いでしょう。

1

互換品は製造元によってまちまちです。キヤノン純正といっても別にキヤノンが生産しているわけではなく、パナソニックなどにOEM生産ですからね。買うなら日本製セルを使った互換品でPSEマークが付いているのを買うです。安全の認証を得ているということです。また純正は8千円位しますが、同じ中古品なら1500円位で売られてますよ。劣化状態にもよりますが消耗品ですから純正中古を運用するのも一つです。

1人がナイス!しています

1

知る範囲。 数十本中国製の互換品使った経験。 容量は当てにならない。 寿命が純正の半分程。 急に死ぬ。 発火すると言われるが、まだない。充電ストップ機能ないのがあるから。 一応、自分はROWAで探す。

1人がナイス!しています

0

中華製のバッテリーは、性能が劣り安全性が確かなものでありませんから値段が違うのです。 前の質問者の方と思いますが、EOS 5D Mark IIの電池の名はバッテリーパック LP-E6です。 電池が一週間ぐらいで空になりますとのことですが、カメラの使用頻度によってはすぐに空になることがあります。 電池を復活する方法はありませんので、予備として電池を購入すると良いでしょう。 LP-E6は手に入らないので、LP-E6Nを購入すると良いでしょう。 バッテリーパック LP-E6N 通販での価格 https://kakaku.com/item/K0000700521/

ID非公開

質問者

2020/9/30 14:07

カメラはEOS 5D Mark IIです。使わないからと只で貰いました。電池が古いかもしれないと言われました。ありがとうございます。