串本でダイビングをしたいのですが

串本でダイビングをしたいのですが ファンダイブと体験ダイブが一緒にボートダイブ出来るショップはありますか?? 理想としては、 体験ダイブの講習中にファンダイブ組が1回、 2回目は一緒に潜るという感じがあればいいのですが。。 せめてボートからエントリー出来るショップがあれば助かります。

ベストアンサー

0

私も、よく串本に潜りに行きます。 串本でダイビングなら、 もっともメジャーな店は、下記の シーマンズ さんでしょう。 経験豊富なインストラクターさんが4名常駐されて、 ダイビング専用船3隻を使って潜っています。 体験ダイビングは、ビーチでも、ボートでも どちらもやっているようです。 【 南紀シーマンズクラブ 】 https://nankiseamansclub.com/ とりあえず電話して、相談されてはいかがでしょうか? たぶん、シーマンズ さんで無理なら、 他のショップさんでも無理でしょう。 注意点としては、シーマンズ さんは、 5月のGWや、お盆などの連休には、 ショップさんの大人数ツアーなども来て、 非常勤のガイドさんも手伝って、 ダイバー百人とかいう、ものすごい人数になります。 例えば、今年の11月に3連休がありますが、 そういう日は、避けた方が無難かと思います。 さて、ここからは、質問者様の質問内容に対して、 私見を述べさせていただきます。 質問者様は、 『ファンダイブと体験ダイブが一緒にボートダイブ出来る』 『2回目は一緒に潜るという感じ』 と書かれました。 ここで言う、「一緒に潜る」ということが 何を指しているのか、少し分かりにくいのですが、 ファンダイブと、体験ダイビングの人が同じボートに乗って 同じダイビングポイントに行き、 それぞれダイビングをすることは、もちろん可能ですが、 通常、水中での行動は、まったく別のものになります。 そもそも、潜る深さや潜水時間、ガイドの補助などの具合が、 ファンダイブと体験ダイビングでは、まったく異なります。 ファンダイブはCカードを持ったダイバーが対象で、 ダイバーは各自、自分のことは自分でできるのが前提で、 ガイドは、道案内や生物の紹介をするだけです。 一方で体験ダイビングは、 まったくの「しろうとさん」を対象とするもので、 インストラクターが付きっきりで補助をします。 潜る前に、器材の説明や水中での呼吸の練習などの 準備も必要です。 ですから、この2つを「一緒にする」ということは、 通常考えられません。 仮に、体験ダイビングの方が、2回目であっても、 Cカードを持ったダイバーではないので、 普通のファンダイブで一緒に潜る事はできません。 もちろん、Cカードを持ったファンダイブのメンバーが、 「体験ダイビングに合わせて一緒に潜る」 ということなら可能です。 インストラクターが体験ダイビングを行っている隣で 一緒に潜り、写真を撮ってあげたりする、 ということは、実際ときどき行われています。 普通のファンダイビングのような満足度は 得られないかもしれませんが、 ファンダイブの皆さんが、それでいいとお考えなら、 そういうこともできるとは思います。 わたくしの意見は、ここまでとします。 繰り返しになりますが、 後はショップに直接電話して、相談されるといいと思います。 串本は、ここ数年、黒潮大蛇行の影響で 黒潮が離れてしまって、 少し調子が悪いのですが、 それでも、本州のダイビングポイントの中では、 最も亜熱帯に近い景観と生物が見られます。 串本ダイビングパークに広がる一面のテーブルサンゴ、 グラスワールドのカゴカキダイの群れ、 などの定番は健在ですよ。 質問者様のグループが 素敵な体験ダイビングとファンダイビングが できますように、お祈り申し上げます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

非常にわかりやすい説明ありがとうございます。 シーマンズさんに連絡してみたいと思います! このような回答者様に出会えて良かったです!

お礼日時:10/2 1:06

その他の回答(2件)

1

スケジュールやスタッフのやりくりに都合が付けばほとんどのショップがOKするんじゃないでしょうか ただしファンダイブのゲストが多い週末などは断られる可能性は高くなります 今年は海外などに行けないダイバーが串本で潜っているケースも多く、通常の年より繁盛しているサービスが結構あるようですよ 体験と一緒に潜る2本目はポイントやコース取りやダイブタイムなどに妥協が 必要でしょうが、出来るだけみなさんが楽しめるように可能な範囲で考えてくるでしょう

1人がナイス!しています

1

ショップに個別に質問するしかないでしょう。 可能だったとしても2回目は、体験のコースにファンダイブの 人が付き合う形になるでしょう。 体験の人を通常のファンダイブには、連れて行きません。

1人がナイス!しています