他の国での博士課程の扱い 実際どのくらい違うのですか? 日本ではワープア率が高くて人生捨てる覚悟が必要と言われてますよね。

他の国での博士課程の扱い 実際どのくらい違うのですか? 日本ではワープア率が高くて人生捨てる覚悟が必要と言われてますよね。

大学院32閲覧

ベストアンサー

0

少なくとも欧米についていえば、日本よりもはるかに就職の間口は広いですし、社会的な敬意もはらわれます。 良い例が、官僚。 国際会議に出るような官僚は、日本が一番低学歴です。ほとんど学士ですから。欧米(だけでなくアジアでも)の場合、そうした国際会議に出る官僚は博士か最低でも修士は持っています。 また、学校の教員ですが、アメリカあたりですと高校の校長なら間違いなく博士号を持っています。中学の校長でもそれほど珍しくありません。中高の教員でも博士号を持っている人は普通にいます。大学の役職者(学長とか学部長)ですと、秘書が付きます。この秘書も博士号を持っている人は結構多いですね。 要するに欧米なら、博士を持っている人が就くような仕事を日本は大卒がやっているということです。 私はアメリカの大学で教員をやっていましたが、ドクターに対する敬意はかなり感じます。例えば、Ph.Dを持っていると、アパートなんかも借りやすいです。大家が「ドクターが借りてくれるとは名誉なことだ」と言っていました。空港のボディチェックも非常に丁寧で、係員は敬語で話をしてきます(チケットにDr. Prof. という選択肢があるので係員は分かるのです)。 日本では、あまりそういうことは感じませんね。