回答(2件)

0

錐体細胞と桿体細胞は、外節部分で視物質を壊しては造り直すということを繰り返しています。また、暗順応での視物質量増加等々の変動もあります。 これらの処理は、網膜の外側にある網膜色素層と視細胞(錐体・杆体)の共同作業になります。 ということで、光を感じる受容器が網膜の外層にあります。 光の入射経路、つまり水晶体方向である網膜の内側方向に網膜を灌流する血管やいくつかの種類の神経細胞と視神経を軸索として出している神経節細胞があるという形になっています。このため、視神経の出口である視神経乳頭というマリオット盲点なんていう光を感じない部分ができてしまいます。 生物の身体は、工学装置のデザインとは全く異なっているという事ですね。