回答受付が終了しました

返却日を守れとしか言わない図書館は読書を理解していなくないでしょうか?

返却日を守れとしか言わない図書館は読書を理解していなくないでしょうか?

補足

もちろん守らない人にいうならわかります。私は思うのはそれしか言わない図書館ですあらゆる人に そういう図書館は精神活動を理解していなくないだろうか?

読書 | 図書館172閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(3件)

4

あれは図書館の決まり文句のようなものです。(もちろん遅延者に言う場合は別ですが) 「お気をつけて」とか「またのご来店をお待ちしてます」と同様です。 それに対して 「気をつけてってねえ、あなた、私そんなに危なっかしく見えます」とか「また来るかどうかわからない人間を待ってるなんて、あんたどうかしてるよ」などといちいち食ってかかっても仕方ありません。 笑われるだけです。 あなたの考えてることはそれと同じです。

4人がナイス!しています

4

抽象的な部分や不明瞭な部分が多くてどういう状況なのか分からないところもありますが、私の解釈した質問者さんの聞きたいことに答えるならば 本をせかされて読まされていると感じているのであれば、精神活動?を理解していないというのは違います。あくまでも図書館は公共施設です。利用者は平等に権利や責任を持ち、ルールを守らない人にいうというのはすでに他の利用者たちの平等の権利が損なってしまうので、公共という性質上無理です。 また、そのために罰則があったりするわけですが、しっかりと図書館と個々の利用者との間でのルールや罰則の確認のためにも口約として必要になります。 だから、図書館が読書を理解していないというのは違います。

4人がナイス!しています

4

同じ行政サービスを受ける別の人達の権利を守る上でも 「返却日は守って」と言うのは、大事な事でしょね。 次の人が借りれるのが遅くなってしまうし。 勿論、「線ひいたり落書きしたり濡らしたりしないでくださいね。」 とか言うのも大事だとは思いますが、質問者様はそう言う事はしないなと 判断されているんでしょうね。

4人がナイス!しています