回答受付が終了しました

Am→C→F→E7というコード進行があります。この場合、キーは何と解釈されるでしょうか。

回答(9件)

0

E7のあとAmに戻るのですか? ほかの回答も拝見しましたが、 その部分がはっきりしないと、 つまりE7の後のコードがわからないと、 解決も何もないかなと、思います。 この情報だけですと、 キーはAm、C、F、Dmもありえますし、 E7の後がAでした、キーはAです、 なんてことも考えられます。

回答ありがとうございます。 Crazy - Gnarls Barkley という曲で何人かのカバーもありますが、本人のもあります(Youtubeですぐ見つかります)。元質問の意味ですが、循環しているのでAm→C→F→E7の後はAmです。 (この曲はカバーしている人がキーを変えていますので注意です) ただし、曲想に変化を持たせるため [C]→C→F→E7となっている場合もあります。これは最後尾E7→先頭Amではなく、最後尾E7→先頭Cという意味です。一瞬あれ!と思いますが、その次はAmになっています。これは質問の本質ではないと思いますが。

0

マイナートニックへのツーファイヴは「マイナーツーファイヴ」の形になることがあります。 短調の主音をiとおくと IIφ7→V7→Im7 短調の主音をviとおくと VIIφ7→III7→VIm7 このときのVIIφ7を裏返すとIV(IV6,IV△7)になりますね。 広義のtritone substitution。 [vii, ii, iv, vi] [iv, vi, i, ii(iii)] とはいえ、IV→IIIの動きは音階進行(scale tone motion)としてVIIφ→IIIよりもありふれているので、わざわざIVをVIIφのtritone substitutionとして捉えることはないです。少なくとも一般的には。 むしろVIIφをIVのtritone substitutionと捉える方が普通なくらいです。 IV△7→III7→VIm7 このIVに対して強進行できるIを前置して I△7→IV→III7→VIm7 頭をVIm7にして VIm7→I△7→IV△7→III7 短調の主音はviに置いて考えてますが、ケーデンスとしては短調"的"ですね。 IIIが強進行したら短調的になるんですよ。 VIm7→I△7 (functional)resistive motion (機能的)逆進行 I△7→IV△7 (imperfect) dominant motion (不完全)強進行 ※I7→IV△7の場合は完全強進行 IV△7→III7 chromatic descending motion scaletone descending motion 半音下行、あるいは音階下行 ※VIIφ7→III7の場合は(不完全)強進行 III7→VIm7 (minor)dominant motion (短調的)強進行 私はあらゆる進行に名前をつけている流派なので一応こういう名称で呼んでますが、この名称が一般的ではないことは確かです。が、あえて書いてみました。 参考までに。 https://musicplanz.org/textbooks

回答ありがとうございます。理論の本にはいろいろ載っていてご教示のような説明も見られるようです。このように曲を分類整理してみると、作曲家がフィーリングとかエモーションだけを頼りに何か新しい曲を作ったとしても実は、分類されたパターンのどこかに収まるのであり、お釈迦様の手のひらの上にいるだけということになってしまうのでしょうか。また、このようなアナライズを受け付けない天才的な人(ストラヴィンスキーとか?)が出てくると理論が破れるということにもなるのでしょうか。理論が成り立っていなかったと。どうでしょうか。

0

>キーは何と解釈されるでしょうか。 Aマイナーです。 >このような進行はどのように解釈されるでしょうか。 普通のTSDです。代理コードを使った。 >Ⅱm7→V7→解決というような定番の進行(ツーファイブ)の代理というような解釈は成り立つのでしょうか。 いや、ツーがフォー(サブドミナント)の代理です。 F→E7はそれと同類で、マイナーキーのサブドミナント代理からドミナントへの進行です。 つまり、 Am→C→F→E7(→Am) =Ⅰm→♭Ⅲ→♭Ⅵ→Ⅴ7(→Ⅰm) =T→T代理→S代理→D(→T) の循環コードになります。 ちなみに、これをF(♭Ⅵ)から始めると丸の内サディスティックになります。 F→E7→Am→C(7) C(7)をツーファイブに分割すると F→E7→Am→[Gm(7)→C(7)] になります。

回答ありがとうございます。この曲ですが、Crazy - Gnarls Barkleyというもので、YouTubeにもコピーの演奏がいくつか出ています。循環コードなので延々と続くのですが、冒頭のAmをCにしてしまうところがあり、一瞬どうなったのかと戸惑いますが、色を付けたんだなと思います。単純な曲なのでいろんな高さ(キー)で演奏されています。楽曲を頭で理解しない方がいいのかもしれません(所詮趣味なので)が、パターン化されて覚えやすくなるように思いました。