7MHzと3.5MHzのシングルバンドアンテナが1本づつあります。 送信機との接続は、T型(MJ-T)コネクターで分岐し、同時に給電します。

アマチュア無線81閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 うんうん(^^) ローパスフィルターを3.5MHzの方に、ハイパスフィルターを7MHzの方に付けるのは良い考えだと思います。 回答に質問するようになり、ちょっと失礼ですが。 同軸ケーブルを電気的1/4λに切り先端を短絡したノッチフィルターのようなものがあります。それをアンテナ直下に付けると、少しは良くなるように思いました。 7MHzのアンテナ直下に3.5MHzのノッチフィルターを付ける。 3.5MHzのアンテナ直下に7MHzのノッチフィルターを付ける。と言った形です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

3回答の中で、一番よく考えられた回答と思いました。 ありがとうございます。

お礼日時:10/20 22:54

その他の回答(2件)

0

例えスミスチャートが分かってもデータ不足で出来ません。 2バンドの同軸端で何Ωと何ΩがT型分岐器で並列に繋がるか分からないからです。 つまり計算できません。 なのでアンテナ自体を2バンド対応とするか、2本のアンテナのままだったらスイッチで切り換える事、出来る事でしょうね。

回答ありがとうございます。 スミスチャートはまだまだなので、すいませんがはっきり書けません。 >>2バンドの同軸端で・・・ 7000kHzでR=50、j=0と3500kHzでr-50、j=0と言う事で良いでしょうか?それとも7000kHzの方に3500kHzを与えた時のRとjと言う事でしょうか?

2

問題点は、T型コネクターの使用でしょう。 アンテナの給電点に二つの周波数に同調したエレメントを繋ぐ方法は有効に働きます。ダブルダブレットです。 しかし、同軸ケーブルを介しての給電は他方のものが悪さ(インピーダンスの乱れを招く)をすると思います。 簡単な解決法は、ケーブルを繋ぎ換えれば最も簡単でしょう。あるいは、アンテナ切替SWで切り替えるのがいいでしょう。 スミスチャートは、給電線を含まないアンテナ本体の話だと思います。

2人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 >>ダブルダブレットです。 アンテナの種類、方式などは指定していません。いろんなアンテナを想定しています。 極端ですが、7000kHzでR=50、j=0と3500kHzでr-50、j=0の回路を並列に接続した、と言っても良いかもしれません。 >>同軸ケーブルを介しての給電は他方のものが悪さ・・・ はい、それが質問のポイントです。 >>簡単な解決法は・・・ いえ、実際にそのようなアンテナを手元に設置したりするわけではありません。なので解決はあり得ず、質問と回答があるだけです。 頭の体操程度にお付き合いいただければって書き添えた方が良かったかな?