回答受付が終了しました

レターパックライトは追跡ができて集荷は不可、補償はなしなのに、なぜ370円かかるのですか?

補足

誰も不満だなんて言ってないんですがね

郵便、宅配363閲覧

回答(6件)

2

一番の理由は追跡付き+基本的に速達だからです 配達で完全速達のプラスより一段落ちると言っても 輸送は同じですし 配達可能なら速達同等に配達ですから 4kg及び3㎝までで信書可に加え受け箱配達なので ヤマトも羨む郵便局ならではのコスパのいい商品になっています

2人がナイス!しています

2

間違った回答ばかり付いているので局員が回答します。 一番の理由は輸送が速達扱いだからです。 これがめちゃちゃ手間がかかってます。これが一番の理由です。 速達扱いでの輸送というのはあなたの予想に反して本当に物凄く手間がかかってます。 配達は速達扱いじゃありませんが2号便で到着したら2号便で配達するので中距離だけに限っては速達並に早いことがあります。近年は先行補助便がレタパライトが殆どになりました。10-20通のレタパライトのためだけに配達に出るようなもので、これも相当な人件費がかかっています。 結果としてレタパライトはもう赤字じゃないかというくらいの超お得サービスです。 私はレタパライト(昔の350)のサービスが開始した当初からこれは凄く人気が出る商品だと予想していました。 予想通り、年々どんどん増えていきました。 個人客にはあまり利用されていません。差出人の大半はビジネス用途であり会社です。 そして中身は殆どが紙です。レタパライトに物品を入れる客はわずかです

2人がナイス!しています

0

なぜと言っても料金を決めるのは日本郵便なので計算の根拠はいろいろだろうけど仮に3kgの重い本を普通郵便で送ろうと思ったら1,350円かかりますから370円で送れるレターパックライトは割安なのでは? 何を送るかによって370円をどう感じるかは個人差ということになりますね。

画像

補 足 ! まちがった回答が付いているので一般人が回答します。レターパックライトは数百通を受取っていますが速達扱いと感じたことは一度もありません。今は普通郵便でも近県の範囲なら翌日圏内になっているし東京宛や東京発も翌日めやすなのでレターパックライトも全く変わりません。私の経験上大阪宛や大阪発のレタパライトは翌々日配達なので普通郵便と全〜く変わりません…!!

画像
3

特定記録郵便(普通郵便料金に+160円で配達記録がつく)だと、大きさや重さによって料金が変わる普通郵便料金がいくらになるかによって郵便料金が変わり 自分で測定するか郵便局窓口で測定してもらい、特定記録付けてもらうには必ず窓口差出必要があったが その不便さを解消し、レターパックの専用封筒に入るものならOKで郵便ポスト投函で配達記録がつく利便性の高い、梱包材代も含んだサービスだから。 レターパックライトで送付可能なサイズ(普通郵便なら定形外規格外)と重さ(4kgまで)だと 普通郵便ならば1350円+特定記録郵便料金160円+自分で用意した梱包材代=1510円+αを レターパックライト料金(専用封筒代のみ)の370円で送れるのは とても利便性も料金的にもお得なので安くて便利だと思います。

3人がナイス!しています

簡易書留(5万まで補償)と比べるのはちょっと違いますよね。 サイズは定形外規格内 重さは定形外規格外 配達の記録のサービスは特定記録郵便 を掛け合わせたような感じなので。

1

質問の趣旨は370円は高い!ということでしょうか? 料金設定は日本郵便が決めたことですし、その根拠を示す制度もありませんが、 定形外(規格外)の同等サイズの料金が580円(1kgまで)なのでそれよりは安いことから、追跡機能も付けてその料金ならお得感が出て利用が見込まれるからでしょう。 ちなみにそのサイズで補償も付けると、定形外基本料金(50g以内)としても、120円+簡易書留料金320円=440円です。

1人がナイス!しています