福岡市、なぜ急発展した?

福岡市、なぜ急発展した? 先日博多の映像を見たんですが、東京とほぼ変わらずビックリしました。今風の店舗が多く、活気があり、特に若者がいっぱいいます。 しかし、以前の博多駅を見ますと、駅舎と周辺はなんだか岡山駅とか新潟駅とかその辺の地方都市っぽい雰囲気です。突出した都会という感じではない。 実際、人口ではかつては県内第二都市の北九州市にさえ抜かれていたそうです。ということは、同じ政令市の熊本市や、あるいは鹿児島市からみてもそう格差はないくらいだったんでしょう。 その福岡市はなぜ今はこんなになったんでしょう。首都高みたいな都心環状線もあるというし、昔は大阪に、あるいは東京まで上京しないとなかったものが今は福岡市にも進出しています。

ベストアンサー

1

ID非公開

2020/10/15 9:59

数年前の話ですが、大学で都市の研究をしている教授が講義で話していた内容です。 ・福岡市は札幌、仙台、広島と並ぶ地方の支店経済都市(地方の有力企業や全国規模の大企業が拠点を置く都市)としての機能があります。しかし、福岡以外の3都市には弱点があり、札幌は北海道地方のそのもの人口が少なく(福岡県とほぼ同じの約500万人)経済規模が小さい、仙台は首都圏に近く支店機能を東京に包括されてしまいやすい、広島がある中国地方でも大阪が近い岡山、鳥取は経済が大阪をを向いているため広島に経済が集中しない。ゆえに近くに巨大都市圏がなく、東京都とほぼ同等の人口を抱える九州の中枢としての福岡市が巨大化した。 ・北九州市との比較に関して、以前九州一の人口を誇っていた時期があったのは事実です。しかし、これは北九州市が北九州工業地帯を構成していた5つの市が合併して誕生したからで、元々の市単独で巨大だった訳ではありません。また日本が工業などの第2次産業からサービス業などの第3次産業が主役の経済にシフトしていく流れを受けで、工業中心の北九州市が衰退し、サービス業が多い福岡市が発展してきた。 少し古い知識ですが参加なればです。

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

かつては主要国土軸上の拠点は東京 名古屋 大阪の3都市でしたが近年は交通手段の発達で拠点都市間の距離が伸び大陸へのゲート都市として福岡が台頭することになり拠点が東京 大阪 福岡になりつつあるためです 歓楽街・繁華街の規模で国内主要な政令指定都市を都会順にランキング (東京)>>>>大阪>名古屋>福岡>札幌>横浜>京都>仙台>神戸>静岡>岡山>川崎>さいたま>熊本>広島>千葉>新潟>浜松>北九州 東京以外の国内都市歓楽街規模(スナック・バー・クラブ・キャバレー・居酒屋・割烹等) 大阪市 キタ北新地 > 3215軒 福岡市 中洲 > 2930軒 札幌市 すすきの > 2631軒 名古屋市 錦・栄 > 2568軒 大阪市 ミナミ道頓堀 > 2511軒 京都市 祇園・河原町・烏丸 > 2267軒 仙台市 国分町・一番町 > 2016軒 熊本市 花畑・下通 > 2007軒 神戸市 三宮 > 1931軒 静岡市 両替町・紺屋町 > 1844軒 岡山市 中央町・田町 > 1795軒 川崎市 堀之内・川崎駅東口 > 1588軒 広島市 流川・薬研堀 > 1523軒 横浜市 桜木町・伊勢佐木町 > 1387軒 さいたま市 北銀座・南銀座 > 1053軒 千葉市 栄町 > 983軒 北九州市 鍛治町・紺屋町 > 794軒 浜松市 鍛冶町・肴町・千歳町 > 736軒 新潟市 西堀・東堀・古町 > 530軒 東京以外の国内都市中心街規模(中心部デパート ファッションビル SC 商店街等) 2018年 繁華街年間小売販売額(750m範囲) 大阪ミナミ(難波)7341億円 大阪キタ(梅田 天満)6991億円 名古屋(名駅 栄 錦)4287億円 福岡(天神 中洲)4190億円 横浜(横浜駅 関内)4079億円 京都(四条 三条 河原町 烏丸)3680億円 札幌(大通 札幌駅)3414億円 神戸(三宮 元町)2648億円 仙台(仙台駅 一番町)2308億円 静岡(静岡駅)2215億円 岡山(岡山駅 表町)2103億円 埼玉(大宮駅)1991億円 川崎(川崎駅)1805億円 熊本 (下通 上通 新市街)1789億円 千葉(千葉駅 栄町)1511億円 広島(紙屋町 八丁堀)1472億円 新潟(新潟駅・万代)810億円 浜松(浜松駅前)736億円 北九州 (小倉駅 魚町) 702億円 ちなみにビジネス都市としてもこのようなランキングになるようです やはり僅差ながら福岡が名古屋を上回っています 森ビルの森財団が今年度中に書籍として発刊するそうなので要確認ですね 『日本の都市特性評価 DATABOOK2019』【経済・ビジネス】 ビジネス都市ランキング上位30(政令指定都市 地方有力中核市) 1 大阪市 258.5p 2 (豊田市) 192.0p 3 福岡市 190.9p 4 名古屋市 190.2p 5 神戸市 178.3p 6 横浜市 170.5p 8 浜松市 157.2p 9 京都市 155.9p 10 札幌市 151.4p 11 岡山市 150.6p 14 川崎市 149.0p 16 さいたま市 143.5p 21 仙台市 137.6p ← 22 (金沢市) 137.3p 24 静岡市 135.6p 28 (高松市) 133.9p 圏外 新潟市 広島市 北九州市 熊本市 【経済・ビジネス】指標 ・経済規模-付加価値額 地域内総支出 など ・雇用・人材-従業者数 賃金水準 高等教育修了者割合 若手人材の転入出 など ・ビジネスの活力-新設事業所割合 労働生産性 など ・ビジネス環境-新規オフィス供給面積 など