回答受付が終了しました

ID非公開

2020/10/16 9:56

1111回答

福島第一原発の、ALPSの処理水について。

回答(11件)

0

NHKのニュースでも報道されています。 汚染処理水というのは体裁でありまして、 レベル7事故の汚染濃度はALPSを通しても以前の基準値ほどには下げられません。それをトリチウムだけのように言っています。

1

トリチウム水問題は、もう何度も回答しているが、これまでも世界中の原発から普通に排出してきており、福島も3.11前は普通に放出してきてのであって、科学的に何の問題もないことは自明のこと。放出するのは基準値以下の処理水。 福島漁連も安全なのは分かっていて、風評被害だけを懸念している。風評被害は無知が招き、反原発派は意図的に風評被害を招こうとしている。このカテゴリーの放射腦も同じ。 放射腦の目的は反原発以上に反政府だから、風評被害があれば政府を追及できると思っている。こういう日本人もいるのだ。 tom様など、白血病になるなどというトンデモ説を信じているのだから、放射腦のレベルの低さが分かる。原発があるのは玄海だけじゃないの。 それに、森永説はデータに基づき否定されている。 http://www.engy-sqr.com/watasinoiken2/20200910kawata.pdf

1人がナイス!しています

jirさんがNHKニュースで取り上げているとか言って、体裁とか、以前の基準値ほど下げられないと言っているが、これは嘘。 放射腦はこういう嘘ばかり言う。 今の日本で、科学的事実は隠せない。安全なのは科学的事実だから海洋放出する。福島漁連でさえそれを理解できているのに、理解出来ないのが放射腦ということ。

2

科学的には問題ないのは理解しています。今回問題なのは、福島で漁業従事している方が、今まで風評被害で苦しんでいるわけで、トリチウム水放出で、更なる風評被害が出てしまうということで反対しているのです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/16 21:32

本来なら、メディアが誤解を取り除くべきだと思うのですがね…ずっとタンクに入れっぱなしという訳には行きませんし。

1

東電が、トリチウム以外の放射性物質が混ざっている事を認めているからです。

1人がナイス!しています

0

世界各国、基準値以内の汚染水は海に放出していますね。 トリチウムは除去不能なので、海洋放出基準があるようです。