無線機、トランシーバーに詳しい方、御教授下さい。 ICOMの携帯型 デジタルトランシーバー、IC-DPR6の購入を検討中です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

早速の回答ありがとうございます。 該当外ということですね。 申請書を提出します。

お礼日時:10/17 8:43

その他の回答(5件)

0

設定変更で変えられるものは対象外です。文章をよく読みましょう

0

>IC-DPR6は送信出力を1Wに設定することが出来るようですので、 1Wに設定し、 アマチュア無線機なども送信出力を調整できる機種が多いですが、アマチュア機ではユーザーが操作あるいは設定しなおして 5Wに戻せる状態だとダメです。 簡易無線機では そんなことした事例を知りませんが、ユーザーでは元に戻せないよう改造すれば 1Wモデルと認められるかもしれませんが、改造すると「技適(技術基準適合証明)」が無効になります。1Wモデルとして「技適」を取得しなおさなければならなくなるでしょう。 IC-DPR6何台分の費用がかかることか? ていうか、簡易無線でも最初から 1Wモデルの機種がありますが、1Wモデルでも「免許」または「登録」が必要です。 「簡易無線」の範疇では「免許」または「登録」が必要になるでしょう。 > 1Wに設定し、残る3条件も満たせば、 無線局の登録申請手続きは不要、という解釈は誤りでしょうか。 それは「3小電力の特定の用途に使用する無線局 」に当てはまる場合ですね。 (3) (4)は満たしているでしょう。 しかし (2)は難題です。 IC-DPR6を「3小電力の特定の用途に使用する無線局 」に当てはまるように周波数、電波型式など改造するのなら、新しい機種を一から設計した方が速い、安い、合理的でしょう。 つまり、最初から「3小電力の特定の用途に使用する無線局 」として作られているものを買えばいいじゃん・・ということになります。 ただし、「1Wまで」というのは大枠で、主に音声通話で使用するのは 0.01Wまでのモデルしか出ていません。 ICOMだと↓こんなものになりますね。いわゆる「特定小電力トランシーバー」ですね。 https://www.icom.co.jp/lineup/result/?type=1&business=3&class=1 電波の届く距離が IC-DPR6の ざっと 1/10くらいになりますが。 IC-|DRC1MKIIは、本来は「位置情報」を伝達するシステムというコンセプトで、「ついで」に音声通話もできるという規格のものだそうです。 まあ、ユーザーとしては、そんなこと意識しなくても普通に「トランシーバー」として使えますが。 0.5Wあるので「特定小電力トランシーバー」より遠い距離で交信できます。 あと「位置情報」の送出を止めることはできない・・・という噂を聞いたことがありますが・・・

0

・総務省令で定める電波の型式、周波数を使用すること。 の詳細調べたのかな。ここ肝心ですよね。

0

総務省のHPをよく確認しましょう。 空中戦電力云々の前に、「3小電力の特定の用途に使用する無線局 」 として、コードレス電話などの対象無線局が挙げられています。ここに デジタル簡易無線の登録局は入っていませんよ。 それに、出力を1Wに設定できるから登録手続きは不要ではと考える のも誤りです。1W以下とは、無線機の構造上、出力が1W以下に抑え られているモノに限るのです。設定で変えられるのは対象外です。

0

>IC-DPR6はそもそもこの文面の対象外なのでしょうか。 これが正解です。 リンク先の概要にあてはまる機種は「デジタル小電力コミュニティ無線」という新規格のトランシーバーです。 ICOMですとIC-DRC1MKIIが該当します、出力は最大0.5Wで申請作業は一切不要となっています。 https://www.icom.co.jp/lineup/products/IC-DRC1MKII/ デジタル簡易無線はこの制度に該当しませんので、出力や設定値にかかわらず届け出は必須です。たとえばICOMはIC-DPR3やIC-DPR30のように最大出力が1Wのデジタル簡易無線も製造していますが、未登録のまま使うと不法無線局として処罰対象となります。