原発の汚染水を薄める。実際には全国で既にやっている事では?報道されてないだけで

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

初期のALPSの不具合で取り切れていない処理水があるのなら、もう一度ALPSを通せば良いだけの話です。 まさか一度処理した水は二度と処理できないとでも考えていらっしゃる(笑 ナニカ一つでも不具合があれば、ソレを拡大解釈して全てを否定して喚きまくる。 左の方や立憲のお得意の論法(?)ですね(笑 物事は科学的にエビデンスに従って考えましょう。 吠えているばかりでは、いつまで経っても物ごとは解決しませんよ。

その他の回答(2件)

0

全世界でトリチウムは基準値以下に薄められて放出されていますね 天然で作られるトリチウム量よりはるかに少ないみたいですが。

画像
3

セシウム他も高濃度な福島原発の汚染水。 それを処理水と呼べと言われても Imagewww.asahi.com › articles 汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発:朝日新聞デジタル 2018/09/28 — ... の敷地内のタンクにたまる汚染水について、東京電力は28日、一部のタンク から放出基準値 ... 基準値を超えた原因について、東電は、2013年度に起きたALPSの不具合で、処理し ... Imagetoyokeizai.net › ... › ロイター 福島「汚染水」から基準値を超える放射性物質 | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 2018/10/12 — 東電によると、8月上旬時点でタンクに保管されていた多核種除去設備(ALPS) で浄化した89万トンの処理水のうち、84%に当たる75万トンに、基準を超えるトリチウム以外の放射性物質が ...

画像

3人がナイス!しています

なぜ、このような嘘をつくのでしょうね。 ↓ 汚染水ではありません、処理水です。 原発から出た時点では汚染されていますが、それは処理されて様々な核種が取り除かれていきます。 最終的に残るのはトリチウムで、コレは除去不可能です。 トリチウムは水素の同位体ですから。 トリチウムは海の「水」の中に含まれていますから、処理水を海に放出したところで何の変化もありません

画像