宅建試験は本当に勉強すれば取れる資格なのでしょうか。今日は散々な結果になり、また来年か、、、と。

資格1,192閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

11人が共感しています

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

すばらしい、、おめでとうございます!!しかも独学なんてすごいです。>過去問一つ一つの内容を理解する ですね!!やります。うろ覚え的ないい加減なのはダメですね、、( 一一)ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、茶化すことなく温かいお言葉をありがとうございます。また来年にかけてみたいと思います。本気度100%出ていなかったのかもしれません、、、

お礼日時:10/19 22:16

その他の回答(12件)

1

仮にも国家資格なので一口に勉強といってもそのやり方が間違えていたら当然合格は出来ません。 今回どのような勉強したかはわかりませんがただ過去問を周回しただけという場合まず難しいです。 過去問をやるにしてもなぜこの選択肢が正解or間違いなのかを理解していき、 基本をしっかり頭に叩き込んだうえで、テキストの細かい規定なども覚え、各スクールの模試など難易度の高い問題を解かなければ確実に本番で見たことのない問題に混乱し、点数を取れずに終わると思います。 それと独学が厳しいようなら日建学院などのスクールに通うことをお勧めします。

1人がナイス!しています

2

日本には、割れてしまった陶器を元通りに直す文化があります。 割れてしまった部分に(漆を塗って接着し)金をまぶすのです。 そうすると、そこに美しい線が生まれます。 一度壊れてしまった物の美しさを強調するためにそうするのです。 日本人は傷を歴史の一部だと捉え、傷により一層美が増すと考えます。 そして、それは人間にも言えることだと。 どんな体験も、人を醜くすることはないと捉えているのです。 抱えた傷を美しい物にするかどうかは、自分次第です。 起きてしまったことから人は学ぶことが出来ます。 そしてその経験から、人間的に成長することだって出来るのです。 なぜならあなたが苦難を乗り越えようと努力した末に出来た傷であれば、 あなたはその傷を誇りに思うことが出来るからです。 『この傷が、今の自分を形作っているのだ』と。 『今なら、どんなことだって乗り越えることが出来る』と。 完璧な人生を歩んでいる、あるいはずっと歩める人間なんていません。 誰もが抱える傷を、美しい物にするかどうかは自分次第なのです。 自分に起きたことを受け入れることが大事です。 その経験が自分には必要だったのだと考えるべきです。 受け入れた瞬間、何かを乗り越える上で大事なことが分かるのです。 傷つく前の自分に執着してはいけません。 次のステップに進むためには、傷つくことだってあるのですから。

2人がナイス!しています

2

日建通って必死に勉強すれば受かりますよ。 年明けから始めても十分です。 ただ全力で勉強しないと受かりませんよ。 1日5時間程度、過去問は1日100問程度

2人がナイス!しています

ありがとうございます。2019年度は日建にお世話になり、4点で落としました、、、今年は別の先生で(お金が続かず、、)。全力ですね、、、きっと100%じゃなかったのかな、、

2

いい先生に出会うこと。 毎日勉強を続けること。 まず基礎をかためること。 わたしは県下ワースト5に入るようなバカ高校を卒業しましたが、勉強時間700時間で自己採点43点でしたよ。 そんな泣きべそかくくらい、 力を出し切りました? 100億円の土地を契約できる国家資格ですよ。 そう簡単には取れないけど、 努力はついてくると思いますよ。

2人がナイス!しています