回答受付が終了しました

嘉風の中村親方が、渓流下りのPRの最中に負傷し怪我をして麻痺が残り引退せざるを得なくなった、とのことですが、船が転覆でもしたのでしょうか。元々定員オーバーだったのではないでしょうか。

大相撲1,002閲覧

4人が共感しています

回答(6件)

1

サラリーマンがもし事故で亡くなった としても、医者が同様でも 約5億程度の損害賠償? 自分からやったんでしょ? 恥を知れと思うね。 むしろ、市に対して謝罪じゃないかな。 市職員は止めたんでしょ?

1人がナイス!しています

3

嘉風がキャニオニングを熱望していた。 カメラでの撮影はしてない。 PR活動ではなく、プライベートという扱いになると思う。

3人がナイス!しています

3

アスリートは現役中はスキーに行かない(万が一骨折したら選手生命に影響あるから)とか最新の注意をします。 自分が望んでやったと市は言っていますが、仮に市に頼まれたとしても、断るのがプロとして当たり前。仮に、市が賠償することになったら、税金で払うんでしょ?あり得ない。

3人がナイス!しています

4

本人が川に飛び込んだ際に怪我をしたと市は主張している。 あと渓流下りは、市からの依頼ではなく、 本人の希望という話。 どちらが正しいのかわからないが、本人の希望で渓流下りをし、本人が川に飛び込んだのが怪我の原因だとしたなら・・。 どうなるか 皆さんのご想像に任せます。 また、これが原因で引退したから 4億数千万円の損害賠償というのは無理がある。 4億円の根拠をまず説明しなければならない。 嘉風って若くないし、番付もそんなに上ではないだろう。 もし、大関クラスならまだ理解出来るにしても・・。 平幕の中で上下してる位なら、4億円の損害賠償は計算合わない。 彼は、本当に本当にそれが原因で引退したのですかね? 他の理由も考えられるのでは? 大体、渓流下りで本人がもし自ら川に飛び込みをして怪我をしたとしても、怪我をするという想定は考えられなかったのか? 仮にも、プロじゃないのか? プロなら体調管理もしないといけないし、自ら川に飛び込みした結果での怪我ならば、プロならそういう危険な行為はしないのが普通じゃないか?と考えますが・・。 4億円って、佐伯市は人口少ないのでは? 税収だって多くないのに、4億円は厳しいのでは? 彼の故郷だか知らんが、二度と帰る事は出来ないだろう。 その故郷では応援した人も多いのでは? 裏切り行為以外何というのか?

4人がナイス!しています

2

キャニオニングですね。ウェットスーツで沢下りや自然のウォータースライダーを滑ったりするアクティビティです。日本のどこでもやってますよ。 佐伯市も過去4000人以上体験していて無事故だったそうです。 しかし、嘉風のような力士が楽しむには、かなり注意が必要だったんでしょうね…。

2人がナイス!しています