プランナーさんにタブーな質問ってあるのでしょうか? 以前、お金や投資関係の無料セミナーに申し込みしました。

プランナーさんにタブーな質問ってあるのでしょうか? 以前、お金や投資関係の無料セミナーに申し込みしました。 人数に達しなかった為、無料の個人セミナーでお願いしました。 (本当は、投資系のnisaやidekoについて聞ければなと思ってたのですが) ○さんには「A社のイの商品と、B社のウの商品と、C社の~がお勧めですよ」 と言う感じで説明されるのかと思っていたのですが、nisaは2・3年で辞める人が多いとかの説明をした後、1社のみ「東京あ・・・生命」のモノを進められました。 「え?いきなり?」と思いつつ、「あの~私に合ったものを勧めてくれてるんですか?それともそちらで良いと思ってるものを勧めてくれてるんですか?」と質問したら、少しムッとした表表で「○さんに合ったものを勧めております!」と言われました。 だけど、細かい事何も言ってないのに1社だけ???と思いました。 その後ネットで調べたら、無料セミナーはどこかと提携してやっているらしいと知ったのでもう個人セミナーは止めようと決めました。 今後は、街の中やスーパーでやってる専門の所でみてもらおうと思っています。 所で、 プランナーさんにタブーな質問ってあるのでしょうか?

ベストアンサー

1

ファイナンシャルプランナーですか? ファイナンシャルプランナーは金融商品の定義の説明や、資産形成の指針までは示すことは出来ますが、具体的な金融商品名や銘柄についての説明はしてはいけません。 個別の金融商品や銘柄について話せるのは投資助言となりますから、別の資格が必要なのです。 ですからファイナンシャルプランナーに資産形成の説明を求めても話せるのは、 【貯金で◯%、投資信託で◯%、保険で◯%のポートフォリオは一例です】といった大雑把な説明しか出来ません。 これ以上踏み込むと法律違反です。 気をつけて欲しいのが 【資産形成=投資、ではない】 という点です。 【資産形成は貯金オンリー、投資ゼロでも成立します。】 したがってファイナンシャルプランナーは投資助言が出来ないことから ・顧客のマネーリテラシー補助 ・家計見直し ・支出の指針提示 といった【身の回りのお金の話ししか出来ない】ということです。 個別の金融商品の説明を受けたいのであれば 保険商品なら保険会社の職員、投資に対する考え方なら証券会社の職員に依頼しないとダメです。 彼らであれば商品の説明責任や、投資助言が可能なスタッフによる説明が可能ですからね。 ですから、もし会社のスタッフの金融リテラシーを高めたい場合は会社に招くのではなく、会社から証券会社の該当セミナー時に参加しに行く方がベストでしょう。 そうすれば金融の説明、金融商品の説明、具体的な商品によるポートフォリオ例を学べると思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。 質問する人が違っていたのですね。 ありがとうございました。

お礼日時:10/23 9:16

その他の回答(2件)

0

そのプランナーさんがどうやって生計を立てているかで、アドバイスの質が変わるのかも知れませんね。 私は、会社契約のファイナンシャルプランナーさんに定期的にチェックいただいています。 もし、ご自身あるいは、配偶者の勤務先で確定拠出年金に入っているなら、無料で相談できるケースが多いので、確認してみてください。 私の会社の契約先のプランナーさんの場合、勤務先近くだけでなく、休日に自宅訪問して、夫婦での相談も乗ってくれます。 Excelで年ごとの収入計画、保険などの掛け金、年毎の支出計画などのライフプランを作成し(長寿リスクを想定して110歳までのプラン)、資産残高グラフも作成してチェックをお願いしています。 その中で、自分のライフプランに合った投資商品のアドバイスもいただいています。

1

専門の所に行っても同じ。保険を勧めて来る人はアウト。自分の手数料稼ぎだけ。図星つかれてムッとしたんでしょうね。iDeCoもNISAや積立NISAもネット証券が有利。でもそれを勧めても何にも儲けにならないから誰も勧めない。専門のところでネット証券勧めてくれる人がいればいいですが、そんなお人好しはいないでしょう。

1人がナイス!しています