香港の民主主義について50年間民主化(間違えたらごめんなさい)するといっていましたが、そのあとはどうするのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

そうではありません。 2000年代半ばをめどに、普通選挙を導入しても良いと言っていたのです。 1997年の返還から50年間というのは、一国二制度を維持する最低期間です。 中国は香港について、こう言っています。 普通選挙の目処は、目処であり、約束ではない。 それをしなくても、既に香港人が行政長官になっただけでも進歩だ。 イギリス統治時代は民主的だったと言うが、総督はイギリス人だっただろ。 贅沢言うな。 しかし、アメリカは、 「民主化すると約束したはずだ。 それに、香港人が香港人の政府や議会を選んで、自治を行うという約束もあるはずだ。 約束を破ったら、香港には自治権がないということになる」 と言っています。 50年間の「一国二制度」の期限がきれたら? わかりません。 以前なら、中国も香港を中国本土と完全に統合しないだろう。といえました。 でも、今じゃ、普通の中国の一としになるかも。。。。 ただ、中国は香港に直接介入して、信用ガタ落ちですが、 いまだに「一国二制度を尊重している。 国家安全維持法?香港の自治権、基本法を尊重したから、そういう法律をわざわと作っているんだ。 香港が特別じゃなければ、そんな法律もいらない」といっています。 また、香港よりも重要性が低いマカオを潰すつもりもないらしい。 そもそも、一国二制度の意味が、中国とアメリカやイギリスの間で違うと考えるべきでしょう。 ただ、チベットやウィグルも「自治区」ですが、実質中国が直接支配して、エスニッククレンジグまでやっています。 だから、器だけの乗って、中身は総入れ替えというが現実的かも。 それでも、香港には未だ希望があるかもしれません。 中国全体が民主化すれば、中国共産党政権が倒れれば、香港にもチャンスがあるかもしれない。 中国の民主派、リベラル派には、香港にも台湾と同じ地位を与えるべきだという人もいます。 台湾についても、「一国二制度」でなく、国家連合つまり、EUみたいな形での統一にとどめる。もちろん、香港や少数民族にも、国に近い権利を認めるべきだという宣言を出しています。 天安門事件の後もそうですし、中国国内にいる民主活動家が発表した〇七憲章にもそういう事が書いてあります。 しかし、これを起草してノーベル平和賞を授与された劉暁波といひとは、公安当局に身柄拘束され、ガンになったのに治療を受けられないまま、なくなったと言われています。 中国の民主派だけでは、民主化も実現できず、台湾や香港も守れない。 ということで、 「アメリカは中国共産党を倒すべきだ。民主国家、台湾を守れ。 台湾人は中国共産党を信じるな。 日本も目を覚ませ。いつまで、中国共産党にペコペコしてるんだ? 中国共産党こそ、軍国主義、侵略者なんだぞ!」 とのたまう中国人もいます。 かつての中国共産党総書記、胡耀邦の側近だった阮銘という学者です。 この人、香港の中国への「返還」も、 「独裁中国に、自由な市民社会たる香港を引き渡すとは、下衆の極み」と酷評しています。 近年のアメリカは阮銘ら亡命した中国人を重視しつつあります。 そう、中国共産党を倒す気でいるのです。 香港の自治を守らないのなら、中国政府ごと、ぶっ飛ばすという意気込みです。 ただ、トランプはそこまでやる気があるのかわかりません。 バイデンも怪しいです。 しかし、怪しさ満点の大統領を操ってでも、中国と対決するというアメリカの外交や軍事の専門家、政府高官が増えているのです。 もちろん、議員もです。