大阪都構想は大阪市民には少し我慢してもらって大阪自体を大きく成長させようってことですか?

ベストアンサー

0

では、市民サービスが下がるというのは嘘ということですか? 市議会議員は今まで自分達で決めることができたたことが、できなくなるからということですね。

その他の回答(2件)

0

少し、ですか。 今後もとに戻せない、制度の抜本的な修正をして、権限と財源を大きく移譲することは少しの我慢では済まないと思います。

0

都構想は大阪府内において大阪市民が最も恩恵を受ける改革です。大阪では府市が対立したことで交通インフラなどの成長戦略が実行できず、停滞する時代が長く続きました。このことから、府市が二重に持っている権限を府に一元化して成長戦略をスムーズに実行できるようにするのが都構想の目的です。 https://osakamirai.com/img/tokoso/sec1-1-1.jpg 現在、まさに府市の首長が同じ方向を向いているバーチャル都構想のもとで、大阪府は大阪市内にどんどん投資をしていて、万博が誘致され、なにわ筋線や淀川左岸線延伸部、うめきた2期などビックプロジェクトが進んでいます。府市対立の時代は府が大阪市内に投資できず、市外で非効率なハコモノ事業をするしかありませんでした。こうした時代に二度と戻さない。府が市内に投資し続けられる制度にするのが都構想です。 府市対立の時代 https://pbs.twimg.com/media/EkgsoM2UYAICr1M?format=jpg&name=medium また、大阪都市圏は大阪市を大きく超えてしまっていますが、政令市のままだと都市発展の責任を大阪市が負わされてしまいます。この負担は大きく、大阪市民一人あたりの市分の借金は周辺10市平均の約3倍になっています。都市圏全体のために大阪市民が犠牲になる必要はないのです。 市民一人当たりの借金額(周辺10市) https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=449x10000:format=jpg/path/sd92ccd6da7aea8e3/image/i50db66464e26092a/version/1472895660/image.jpg また、大きすぎる大阪市を住民に近い4つの自治体、それも東京を遥かに超える権限を持つ特別区にすることで行政が住民サービスに特化され、それが充実することになります。 https://osakamirai.com/img/tokoso/sec1-1-2.jpg 府と特別区の権限 / 東京との比較 https://pbs.twimg.com/media/Ei7MkAqU4Ac6Cld?format=jpg&name=900x900