ID非公開

2020/10/21 22:06

99回答

予約が必要な山小屋に、予約なしで泊まろうとして、断られて、その山小屋の悪口を書いているブロガーがいるんですけど、どう思いますか?

予約が必要な山小屋に、予約なしで泊まろうとして、断られて、その山小屋の悪口を書いているブロガーがいるんですけど、どう思いますか? 2020年10月に、「ビストロきっちょむ登山隊」というグループが、自分たちの行程を変更して、蝶ヶ岳ヒュッテに泊まろうとして電話したら断られて、それを自分たちのブログでめたくそに書いてます。(今は書き直したらしく、「二度と行かない」という文言は消えたみたいですが) 客観的事実: ・好天で、蝶ヶ岳ヒュッテに泊まれなくても命の危険はない。 ・ヒュッテ側は、7月にコロナ対策を念頭に置いた宿泊ポリシーを明示し、それを今日まで、ツイッターの最上段に固定ツイートしてる。(三か月前からこのルールを明示してる。普通、この山域に行く登山者なら念頭におきますよね?) ・ビストロきっちょむの一団は、そもそも常念小屋から蝶ヶ岳ヒュッテに電話してる。(そして結局、常念小屋に泊まってる。つまり蝶ヶ岳ヒュッテに泊まらないでも命の危険はなく、ただ単に彼らの都合で宿泊場所を選びたいだけ) ・ブログ内でわざわざ、ヒュッテのスタッフの音声を、オレンジ色に色付けして、やたら強調。 ・意識高い系の「登山・カメラ系ブロガー」が複数人、ビストロきっちょむに忖度して、蝶ヶ岳ヒュッテに対するネガティブキャンペーンを開始。 ・さすがにヤバいと思ったのか、ブログ内の文章を変更。(最初のバージョンは本当にひどかった) --- どう思いますか?私には、「お客様は神様」と考えてる登山客が、山小屋側のルールを無理やり曲げようとしてるようにしか見えません。 もしこの人たちだけ特別に予約なしで泊めたら、他の登山客も「じゃあ自分も予約なしで泊めろ」となりますよね? コ〇ナ対策をやりながら、なんとか山小屋を運営してる人達を冒とくしていると思います。 まあ、ビストロきっちょむの人たちは、ブログの閲覧回数を増やして、自分たちのグッズを売りたいんでしょうが。 あまりにもモラルが崩壊していると感じ、これはもう、「山と渓谷」で1ページくらいかけて検証しても良いレベルでは?と思っています。

補足

皆様、ご回答ありがとうございました。 この件に関して、いまだに蝶ヶ岳ヒュッテへの批判を取り下げないブロガーが二人ほど居ますが、そこまでして注目を浴びて、自分のブログへ集客したいのでしょうか? 「脱サラして自転車で日本一周」しても、常識って身に付かないものなのですね。 全員が全員、「予約なしで泊まらせろー」って来たらどうするんしょう? また、「予約は必要」と、三か月前から明示してる山小屋に延々と電話をして困らせるなんて、ただの迷惑でしかないですよ。 まあせいぜい頑張って、「山で写真を撮ってる自分」に酔いしれててください。

登山195閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

6人が共感しています

ベストアンサー

8

今年はソーシャルディスタンスを考慮して定員数を減らすことや、事前予約制だと、6月時点でほぼ全ての山小屋や各登山雑誌、大手の登山情報サイトでも言っているのですからほぼ全ての登山者は目に耳にしてきているはずです。 だからこそ、それまでは直前の天気で山小屋宿泊を含めた計画を考えよう的な計画性のない登山をしてきた者たちさえも計画を先に考え、2、3ヶ月先の予定を考え、それに伴って必要な予約は事前に済ませていましたよね。 それが閑散期だろうが平日だろうが何か変わるわけでは無いです。 蝶ヶ岳は今週もまだ平日含めて満室の日は続いています。ブログでは大天荘が言った口ぶりで言い訳していますが、大天荘ですら当日の予約は今年は禁止しているので、無責任にも「ガラガラだから常念か蝶に泊まれ」なんて言うはずもないのですよ。 前述のような当日予約できないことも考えれば前日に大天荘に着いた時点で翌日の予定を情報収集などして確定していない時点で、何年も登山やっててほんと計画性無さすぎ。普通なら前日のうちに次の日の宿確保しとくもんだろ、何故しなかったの?笑って。そこが彼ら迷惑系登山者の所以なんじゃ無いですかね。当日いきなりいけば泊まれるだろと思っているんでしょうね。 他の日のブログ見ても繁忙期の予約必須エリアの山行記録が皆無なところを見ると、まさしく、いこうと思った時には遅すぎて予約取れなかった計画性が無いことで一貫したオチなんじゃ無いかと。 どんなに書き直したところで、あたかも自分らが正当かのように蝶ヶ岳山荘や大天荘が言うはずもないことを書き綴ってる時点で非礼にも程がある。 たいてい小心者ほど自分を正当化するためにこうやって他人があーだこーだ言っただの、自分は可哀想な被害者だと、口が達者になるもんですよ。 というかそれ以前に18日の雪は数日前からわかっていたし、その上で槍方面は諦めてルートを変更するくらいのことは普通なら登山開始前にしてるよね。それに応じて宿の確保・キャンセルも含めて、普通ならするでしょ。それなりに初冬アルプスの経験があるんなら、どういうコース取りが参加者に対して担保が取れるかくらいのことを考えていないことがむしろ不可解ですね。 さしづめ、迷惑系且つ無計画系行き当たりばったり登山隊ってとこか。

8人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

的確なご回答、ありがとうございます。 私もイラっとしたのが、なんかこの人たちは他の人のせいにしがちっていうか・・。 身の丈を知らないのだと思います。 コ〇ナ禍で、山小屋はめちゃくちゃ大変な状況なのに、彼らは「お客様は神様」気分なのでしょう。

お礼日時:10/22 14:29

その他の回答(8件)

5

そのブログをさきほど初めて拝見しましたが、なんともお粗末な山行だなぁ、といった印象です。山小屋で止められなかったら遭難していたかも知れませんね。 綺麗な写真を添えて見た目には魅力的かも知れませんけど、内容的にも考え方も初心者みたいですし、今後のスキルアップに期待ですかね。

5人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/22 14:04

彼らはファッション感覚なのだと思います。 だんだんブログに集客することに必死になってる感じがしますね。 彼らを信奉してるのも、自称ブロガー、自称山ヤ、自称カメマン、って感じで、あまり相手にしたくないですね。

7

そのブログ、私も珠に見ていて、実際に行く山の参考にもしてます。 それだけに、とても残念というか、何か裏切られたような気持ちです、そういう人だったのかと。 私から見れば、段取り不足です。 山のブログの中では読者も多いと思うし、それだけ発信力があるので、他人に真似されたら困るようなことは書かないよう、己を律しながらブログの執筆をしてほしいと思います。 多くの読者や支持者を得て、天狗になっているのかとさえ思ってしまいます。 その傲慢さが続けば、いつかは遭難をやらかしかねないと思います。 山では謙虚になるべきです。

7人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/22 13:42

実は私もあの人たちのファンでして、キャンプの方の記事も読んでたし、バッジとかステッカー欲しいなぁ、と思っていました。 が、「自分たちに都合の悪いコメントは削除して、ブロックする」「自分たちへの反対意見は無視する」という事をしている、と知ってしまったので、もうあのブログを見ることは無いです。

4

あなたがこの場でやっていることはその方々と似たようなものだと思いますよ。 バカは放っておけば良い。 言われなければ気付かないアホは黙ってても世間から見放されるのが世の常です。

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/22 13:44

まああの人たちが、勝手にワーワー騒いでいるだけだったら良かったのですが、この件に関して、蝶ヶ岳ヒュッテを批判する意見を、ツイッターとフェイスブックで複数見かけたので、私はヒュッテ側を擁護したいと思ったのです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
4

君かここで書いている事もそのアホ共と同じ思考やろ ブログであの山小屋の対応は気に入らない この知恵遅れサイトであのアホ共の対応は気に入らない 思考の先がどちらも同レベル

4人がナイス!しています

1

ID非公開

2020/10/22 1:28

別に普通ではないでしょうかね。山ヲタのモラルはその程度だといういい見本です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/22 13:50

自己責任だから大丈夫、とか言って、結局、救助隊のお世話になる迷惑な登山客って多いですよね。 私は、このコ〇ナ騒動が始まってから(つまり今年の前半から)、自転車で行ける範囲の自然公園しか散歩に行っていません。 電車で移動するのも、バイクで移動するのも、リスクを増やすだけだからです。 ブログで収益を上げたい人たちは、必死で山に行ってるようですが・・。