最近とても気になって仕方がないことがあります。webサイト改ざんについてです。

JavaScript | ブラウザ17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!勉強してみようかと思います。 他の方も回答ありがとうございました。

お礼日時:10/26 20:10

その他の回答(2件)

0

色んな手法はあるとして 意外とウェブの所有者が加担してるケースもあり得そうです たとえば、とても収益率のよい広告をサイトに導入したら、それが架空請求への誘導であった。という事はありそうです。

1

多くの場合、偽警告はウェブサイト改ざんではなく、ああいうのは、不正広告によって出てきます。 広告というのは、どのサイトにもあります。 数ある広告の中からランダムに広告が選択されて表示されるわけですが、稀に、不正広告が選択されてしまい、それが出てきます。 その不正広告には、ページをリダイレクトするスクリプトでも組み込まれているのでしょう。読み込まれると即座に詐欺サイトに誘導されます。

1人がナイス!しています