零戦52型って結局のところコルセアとか米軍機に十分に対抗できたのですか?

ミリタリー62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど、参考になりました!

お礼日時:10/23 22:17

その他の回答(6件)

0

3000m以下かつ300km/h以下、残存燃料約1/2以下という条件で格闘戦をするのであればF4UにもP-51Hにも勝てます。

0

零戦は、搭乗員の空戦能力に依存してるので、優秀な搭乗員とのコンビなら終戦まで最強でした。 逆に、空母に着艦すら出来ない搭乗員の機体は会敵=撃墜されてます。

0

戦場を選べるのは高々度性能が高く速度の速いほうです。そりゃうっかり低高度の旋回戦闘に巻き込まれる米軍機もいたでしょうが、それはイレギュラーで零戦の活躍の場はありません。 総合的に米軍機を上回る強力な日本機は残念ながらありません。震電のライバルは初飛行時期を見るとP-80ですからね・・・

2

>零戦52型って結局のところコルセアとか米軍機に十分に対抗できたのですか? いいえ。 >太平洋戦争終盤で登場した日本軍機でどれが一番米軍艦上戦闘機よりも総合的に強力でしたか? ありません。

2人がナイス!しています

充分零式戦で対抗出来ていたのなら戦争に負けたりはしない。 米軍機よりも総合的に勝っていた戦闘機があるなら戦争に負けたりはしない。

0

パイロットの技量が優秀で来襲する米軍機と数が同じならばと言う前提条件が付きます。大戦終盤では米軍機よりも強力な戦闘機は有りませんよ!強力と言われて期待を集めた戦闘機は活躍出来る程の稼働率が良くなく操縦するにも有る程度の技量が必要でした。(疾風や紫電改等!)大戦終盤で新米パイロットでも容易に操縦が出来たのは5式戦闘機と言われていますが生産数が少なかったのです。(疾風を2機配備するなら5式戦闘機を1機配備された方が喜ばれた位です。)