相続した土地が不用なため売却する予定ですが、公図と現地とでは形状が違うことが判明しました。

土地 | 不動産39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

公共測量の境界立会によって筆界が確定し測量後に作成した図面が14条地図です。 14条地図が優先します。

ありがとうございます。 他の方の意見ではきちんとした地図では無いというものですが、教えて頂いた内容ではちゃんと測量して作った地図という(つまり信頼性が高い)認識でよいでしょうか?

0

そうですね。 多少は正確 ですね。 最終的には裁判所しか定めることはできないです。 14条でしたら、申し立てすれば裁判所も証拠採用しますが、裁判所がそれに縛られることは無いです。

0

結局測量しないと売れないよ。 特に隣地と揉める可能性がある場合は。 公図は明治に作られた、およその物だからね。 正確な公図は存在しないと思うよ。 いまは地図に変えてる最中だからね。

0

不動産登記法14条で法務局には地図を備えなければならないと規定されています。 地図の内容は不動産登記法施行令などで記載内容が定められてますが、要は大昔の絵図面だろうが公図だろうがある地番付近を表示したのがそれしかなければ「法14条地図」として認定し扱われるだけです。 14条地図と書いてあるからといって全く誤謬のない図面と言うことはありえず、国土調査法の地籍図を認定したものであっても、現地と整合しているとは言い難いものです。 その地番の詳細な形状や面積はやはり地積測量図を得るしかありません。 最近のものだと座標値の記載があって復元性の高いものになってますが、実際の作業は土地家屋調査士に任せましょう。