中和滴定のとき、ビュレットは共洗い、ビーカーは水洗いと言いますが、

化学19閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 濃度既知のデータからH+のmol数を見つけるので、それに関しては薄まろうが濃ゆくなろうがどうでもいいですが、濃度未知のmol数は計算で合うものを見つけるために濃度を変えては絶対にいけないと思います 仮に濃度既知とその中和点のデータよりH+が4molだったとして、濃度未知側の組み合わせ(OH -)は1mol/L×4L、2 mol/L×2L、、など数えきれないくらいあります。本当は2mol/Lだったので2Lで良かったが、水洗いにより薄まったので1mol/L となり中和点までに4Lが必要になった、と考えられます。中和滴定の目的は濃度未知のものの濃度を求めることなのに、水洗いのせいで誤った値が出ると思うんですが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

Vが変動するものとしないもので扱い方を変えるということですね! とても納得できました。ありがとうございます。

お礼日時:10/24 9:54