ID非公開

2020/10/23 21:09

33回答

ランニングで膝と足首を痛めました。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/10/24 5:54

こんなに丁寧にありがとうございます。 すごい参考になるのでゆっくり読ませて頂きます。 そうですね、オーバーワークの可能性が高いです。 走っていたらどんどん長い距離走れるようになって 歩きも含めて10km走れたりしたので一時期それを毎日のようにしてダイエットに励んでいたので。 ゆっくりのペースで徐々に距離を増やしていくようにします。

その他の回答(2件)

0

なんで復帰するのかと言うのが明確でないような感じがするが。傷めたところが治ったから復帰するのか。傷めた要因をちゃんと解消しないとあかん。それと休んでいる間に体が変化しているからそれをちゃんと解決しているのかということも大事だ。リハビリで何やってたかということだね。膝と足首を痛めた原因が何かによって靴のえらびかたがかわる。クッションインソールが正しいのかそんな単純じゃなかろう。 基本は平たいソールの靴というのが体に優しい。高低があるやつはやめたほうがいい。それと靴に合わせて歩き方や走り方を同行するのは本末転倒だ。

0

足裏のどこで着地するかを意識しすぎるのはやめましょう。 それよりも腰の真下近くで着地することを心がけましょう。 その場で軽くジャンプを繰り返してみてください。無理なく柔らかい着地ができますよね。つまり体が一直線になる時に力を使うと無駄な力は必要なくなるわけです。 これは走るときもだいたい同じです。 ジャンプの時は真上に働かせている力を、体をわずかに前傾させて斜め上に加えるようにすることで前進するのが効率よく走るためのコツです。 走ると足が地面に着いている間も体は前に進むので、足はどうしてもある程度後ろに流れます。この足を再度体を押し出せるように体の下に戻してやるだけで良いのです。 その状態で着地すれば踵からの鋭角な着地にはならないはずです。それさえできていれば、地面に着くのがつま先からか踵からなのかは文字通り枝葉末節の問題です。 へっぴり腰にならないよう、良い姿勢を保つことは意識してください。 動画で見るとイメージもしやすいと思います。たまに土の上や草地で裸足で走ってみるのも怪我予防には有効だと思いますよ。 https://youtu.be/bPrK5YWANSA