プログラミング、JavascriptとPHPの勉強法で悩んでいます。

プログラミング、JavascriptとPHPの勉強法で悩んでいます。 HTML&CSSの基本書は行ってPHPのほんとに初学者向けの簡単な送信フォームを作ってMySQLとのやり取りを行いました。 JavascriptはまずjQueryの基本書でスクロール画面をサンプル通り作ったりしていましたがこれ全部今やっても覚えられず身につかない気がして今中断しています。 そこでこれからの勉強法として自分のオリジナルのホームページをまずHTML&CSSで作り部分的にjQueryを使ってフォローティングメニューとかを入れる。あくまで参考書は全部やらず辞書的にやりたい事を検索して使う。 このような方法でいいですか? あとPHPなのですがお問い合わせフォームくらいしか作ったことないですがホームページとなると他にどのような機能と言いますかPHPの勉強をしていけばいいでしょうか?

JavaScript | PHP29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

phpとjavascript はプログラミング言語 htmlとCSS はマークアップ言語です。 この辺の区別しっかりしておいて下さい。大事な所なので。 勉強方法、javascript はプログラミング言語なので基本的構文のルールを学んで下さい。 変数や関数その他色々、それらは他のプログラミング言語でも同じです。ルールは違うけど、 phpにも変数や関数が出てきますよね、そこの基本的構文は軽く頭にコピーしておいてください。 それが終わったら 大事なのは実はパソコンやプログラミングの歴史と成り立ちです。 あなたのそこの領域になると何していいか分からないでしょう。とりあえず作る事やコードを書く事に集中しがちなのでしょうが、それも大事ですが、 それと同時に成り立ちを知らなければ使いようがないのもプログラミング言語なのです。 オブジェクト指向 モダンjavascript これは軽く知る事で改めてプログラミング言語について少し知ったかぶり出来ます。これ超重要 それをさーさと軽く理解した後、 実は大事なのはデザインの領域ですCSS3実践編のコードの書き方に入って下さい。この領域の構文のデザインはjavascript と連携コードが密接に登場します。 案外大事なのはCSSだったりします。 その次にフレームワークの勉強です。javascript に用意された、用途別のフレームワークがあります。jQueryもその一つです。 javascript のフレームワークは沢山ありますが、 とりあえず用途別に別れてると思って下さい。それを軽く自分の用途でフレームワークを学んで下さい。 フレームワークとはなんぞや?で調べておくのも大事。 phpはあくまで、バックエンド、サーバー側に書き込むプログラミング言語です。ローディングやデータベースの処理など、 パソコンだけの処理だけでは爆遅いので、サーバー側にもやってもらおう!と言うのがこの言語の成り立ちです。 phpもプログラミング言語なので、基本的に変数や関数といった構文の書き方は同じです。言語によってルールの書き方が違うのは注意 なのでフレームワークも少なく、ララベルだけだったかな?、 それと覚える事が多すぎるので最初はどちらかに絞った方が良いです。 職業で区分けするなら、 フロントエンドエンジニア 表向動的処理とデザイン担当 html5.CSS3.javascript みんなが見てる領域です。 デザイン勉強だけでも頭が禿げそうな領域があります。浅くて充分ですが、 バックエンドエンジニア php、サーバーの複雑な知識、その他色々 サーバー側のプログラミング処理の言語、クレジットカードやメールアドレスのデータベースやその方多数の処理の構築またはローディングやスクロールした際の読みやスムーズにする高速処理、突き詰めたら切りがないです。 フロントエンドエンジニアが作った物にくっつけて行く感じなのがバックエンドです。 二つともある程度の容量を得て居る人が フルスタックエンジニアですが。この人達は会社ではリーダーだったりするので、ビジネスの方も学んでいますので正直広く浅くの人が多いです。 ちなみホームページとアプリケーションは作り方は同じです。 アプリケーションはホームページのコードを書いて機能を増やして重くなったり、ダウンロードやインストールする必要がある場合もアプリになります。 まあ色々曖昧なんです定義が、 だからアプリケーションを作りたいってなった場合ですよ、 基本的な作り方は最初はホームページを作って行く要領で初めて、 そこに思いっきり細く激しい動きを組み込んでいき、 凄い量のコードのぎょうになればアプリケーションです。単純に重くなるので。でもこの領域はプロでも時間がかかるし、コードが複雑化するので、 他の人が書いたコードを読み解く事も出来ない時もあります。 そのためのルールと構文なんです。それがjavascript やphpというルールなんです、 重要なのは関数変数を無視してプログラミングはぶちゃけ適当にかいたただけでも動きます。 あとはユーザー視点でも変わります。これは私のためのシステムで作った時計アプリケーションだと言えば、 ユーザー視点から見ればアプリケーションなんです。 だからアプリケーションの定義は色々あり曖昧です。深く考えないようにして下さい。 スマホでアプリを作成リリースする場合は、 その専用の言語があるのそちらを学んで下さい。 最後にプロでも高度な沢山のコードを作る場合は普通に参考書や動画をみたりします。 YouTubeなんかでもそうです一瞬で書いてるように見せてますが、あれは事前に準備してるから早いだけなので、アニメやドラマみたいな伝説のプログラミングなんて人は、全人口の1%も居ないし、そんな人は高額報酬貰ってる宇宙のナサや大きな組織に居ますので、表には出てきません。 という事で学習は続ける事が大事です。頑張って下さい。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

自分はどちらかというと自分はフロントかと思います。 HTML&CSSをもう少し詳しく掘り下げた方がいいかもしれません。 歴史についても分からないので勉強しようと思います。 詳しくて勉強になりました。

お礼日時:10/24 16:35

その他の回答(1件)

0

ある程度ご自分で独学され、基本的な構文を作成することや、思い描いたレイアウトや動きを作れるようになっている方だと推察いたしました。 そこまでできるようになっているのであれば、「●●をできるようにならなければならない。」と構える必要はないかと思います。 もし職業としてプログラムができるようになりたいということであれば、何ができて何ができないか、どのような動きをさせるときに、どのような言語やフレームワークを使うとやりやすいのか、早くできるのか、再利用性が高いのかを知識として身に付けることが必要です。 もし、ご自分のウェブサイトを増強していくためだけにプログラムを勉強されるならば、思い描いたUI・UXを実現するために、何が必要かを探して、Try&Errorを繰り返すことで、確実にあなたのスキルとして身に付いていくでしょう。 あなたがお持ちの基礎知識があれば、おっしゃる通り参考書は辞書的に利用すればよいと思います。いまさら参考書のカリキュラムを全部やり切る必要はないでしょう。 しかし、辞書的に参照したら、一度は書いてあることを愚直にやりきるのも、時には有効なことがあります。 知らないことに取り組むのは興味の半面、ストレスもあります。 途中で投げ出さず、一度始めたことは、市場要求がないなど、理由がない限り自分の手足になる程度までやりきるとよいです。 プログラムの勉強で大切なことは、本に書いてあることをやってみて、自分でつけたし、あるいはウェブなどから、同目的別手法などを試しながら、自分のスタイルを定着させることだと思います。