スーパーGTって、なぜ500クラスと300クラスという違うレギュレーションのマシンが一緒に混走して走ってるんですか?

モータースポーツ | 自動車29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

レースを盛り上げる為に混走してるんですね! 速度が異なる車を混走させる事によって、レースの展開が変わる、だからスーパーGTは面白いんですね! ありがとうございました!

お礼日時:10/24 14:55

その他の回答(3件)

1

簡単に言えば、参戦チームや台数を多くするためです。 スーパーGTの前身であるJGTC(全日本GT選手権)は、車両規定の変更で行き場(生き場?)を失ったグループAマシンの受け皿としてスタートしました。 それだけでは台数が少なく、レースとしての盛り上がりも欠けると言うことで、パワーが小さくて改造範囲も狭いクラス(当初はGT2、現在のGT300)を設けて、プライベートチームも呼び込むことにしたそうです。

1人がナイス!しています

1

違うクラスに追いついたときの混乱を利用して順位が入れ替わりやすくなるから、 1クラスだけでは参戦台数が少なくて面白くないから、 2レースに分けると時間や費用が余分にかかるから。

1人がナイス!しています

0

スーパーGTに限らず、大抵の耐久レースは、複数クラスの混走です。