ハクキンカイロについて。

キャンプ、バーベキュー | 釣り70閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、いろいろ教えていただきましてありがとうございました。 試しに一つ買ってみようと思いますが、ハクキンカイロは温かさ以外のメリットはほんどない印象をうけました。 私の防寒対策には貼るマグマがもっとも適しているかも知れません。

お礼日時:10/24 21:39

その他の回答(9件)

0

ハクキンカイロの熱量は使い捨てカイロの13倍ですが、 13倍暖かくはないです。 体感的には2倍は無い。 消耗品の火口が劣化するともっと低くなる。 燃料が切れる寸前が暴走的に過熱して熱くなる。 胴体とかの服の内部に装着するには良いが、局部(足首等)の保温性の無いところに装着すると周囲温度が低いので失火する。 ハクキンカイロのデメリット ランニングコストが使い捨てカイロより高くつく。 火口が消耗品で2シーズン位しかもたない。 火口と燃料が高い。 ベンジンの反応臭がくさい。腹に装着すると胸からにおいが立ち上ってくる。 期待するほど暖かくはない。 途中で失火することがある。 家庭でベンジンを保管することは非常に怖い。 メリット 使い捨てカイロのようにゴミがでない。 ハクキンカイロを身に付けたままガソリンスタンドで給油するには引火はしないが度胸が必要。 そのた 火口はハクキン社のものが性能が良いし、劣化した場合には洗浄で多少復活できる。 ZIPPOや中華製の火口は性能が悪いし、マット状のものは洗浄すると溶けてバラバラになる。 燃料はカイロ用ベンジンのほかに、ホワイトガソリン・ZIPPOオイルが使えるが、ホワイトガソリンは同量での発熱持続温度が短い。 燃料もハクキン社のオッサン印が良い。 Aベンジンはシミ抜き用で洗剤が入っているので火口を劣化するので使用できない。 中華製のカイロは鉄製で熱伝動が悪い。 熱しにくく冷めにくい? ハクキン社のものは真鍮にめっきしてあるので熱伝動が良い。 熱しやすく冷めやすい? 中華製の火口の寸法はハクキン社のものに違いが、装着が押し込むだけなので外れることもある。 火災報知機の点検で天井に押し付けているものはハクキンカイロと同じ原理センサー部を過熱している。 マイコール等の炭を燃やすカイロは炭の入手が困難だが、香炭と呼ばれる葬式用品店で購入できる。

0

ハクキンカイロは使い捨てカイロの何倍もの重さがあるので何個も身に着けるのは負担になると思います。 温度が高いので局所を温めることで身体全体を温めるって使い方だと思います。 低温やけどの危険性も高いので大量使用はやめたほがいいです。

0

体に巻きつける専用ベルトはあるけれど、2個しか入りません。 微妙に大きく硬いので、あまり局所的に体にフィットさせるような使い方には向いていないです。 ただね、二つベルトに入れて腰に巻いていると もう全身暖かすぎるくらいなんですよ。 遠赤外線でしたかね。 もちろん外気温にもよるけど。

1

ハクキンカイロは、スマホ位の大きさがあります、ミニタイプでもその半分あるいは6割くらいの大きさが有り、金属なのでつま先とかにはどうやっても入りません、固くて形も変わらないので、柔らかい使い捨てカイロのような使い方は出来ません ハクキンカイロは、使い捨てカイロと違い、やけどするくらい温かいので、1個あれば、体全体が温まる感じです、ミニを使っても、腰とお腹の2箇所も有れば十分暖かいと思います 足湯に浸かると体全体が温まって、軽く汗ばんだりしますよね、そんな感じです 使い方としたら、腰やお腹にハクキンカイロ、つま先に使い捨てカイロ という使い方になります

1人がナイス!しています

0

厚みがあるし段違いに温度が高いので 貼るホッカイロみたいな使い方は無理です 温石みたいに懐などに入れて使います 燃焼中はベンジン臭がしますので 苦手な人には向きません (襟元から臭いが上がってきます) それさえ問題なければ 湯たんぽがわりに寝袋に 入れたりもできますよ