日産自動車のリーフ(キムタクさんが宣伝しているCM)は乗りやすい車ですか?

CM | 自動車43閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/26 18:02

その他の回答(1件)

1

>>>日産自動車のリーフ ----------(キムタクさんが宣伝しているCM)は・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・乗りやすい車ですか?<<< リーフ(LEAF )は、 日産自動車が2010年から販売している 5ドアハッチバック型の電気自動車である。 ※:リーフは2010年12月より日本およびアメリカ合衆国で -----------------販売が開始され、他にも欧州市場、 ・・・・・・・・・・・・・中国市場などに投入されている。 2017年9月6日に、2代目へのフルモデルチェンジを発表した。 型式のZEはZero Emissonの頭文字から取られている。 「電気自動車の魁」で・・””EVとして””は、 ・・・・・・・世界でも、充分に熟成されています。 <様々な機能を標準装備>していて・・充分なスペック。 ▷.....▶.....▷.....▶.....▷.....▶.....▷.....▶.....▷.....▶.....▷ ♠:2代目 ZE1型(2017年-) プラットフォームとフロント左右ドアは初代ZE0型のキャリーオーバー。今回のフルモデルチェンジによりバッテリースペース確保が行われた。40kWh駆動用バッテリーを搭載し、JC08モードで400km、WLTCモードで322kmの航続距離を実現。また、アクセルペダルのみの操作で、発進、加速、減速、停止保持が可能な「e-Pedal」[4]や、国産車初の本格的自動駐車システムでアクセル、ブレーキ、ハンドル・シフト、パーキングブレーキまでを自動制御する「プロパイロット パーキング」を搭載する。 尚、日産のグローバル生産台数が2017年9月19日に1億5000万台を突破したが、その記念すべき1億5000万台目はオフラインされたばかりの当車両であった。 なお、フルモデルチェンジ当初に予告されていた大容量バッテリーモデルは2019年1月に「リーフe+(イープラス)」として公式発表・発売された。62kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載、航続距離はJC08モードで570km、WLTCモードで458kmとなり、急速充電時の対応最大出力も100kWに向上された[7]。初代ZE0型同様に2種類のバッテリー容量(と電動機出力)から選択が可能となった。また、「e-パワートレイン」が新たに採用されたことで最高出力160kW、最大トルク340N・mを実現するとともに、加速時間の短縮や最高速度の向上も実現している。そのほか、「e-Pedal」は車両重量の変化に合わせた制御の最適化と後退時の制御見直しが行われた。外観もフロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツが追加され、充電ポートに「e+」ロゴが配された。日本でのグレード体系は「e+ X」と「e+ G」と「e+AUTECH」の3グレードが設定される。 ▷.....▶.....▷.....▶.....▷.....▶.....▷.....▶.....▷.....▶.....▷

1人がナイス!しています