ここから本文です

本人名義の土地300万円くらいを売却するにあたって、どれくらいの税金・手数料...

ras********さん

2009/2/1915:33:56

本人名義の土地300万円くらいを売却するにあたって、どれくらいの税金・手数料等が必要になるのでしょうか?

閲覧数:
5,092
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sat********さん

編集あり2009/2/1916:21:24

土地売却時における売主側の費用として、(1)譲渡税(所得税及び住民税) (2)不動産会社等媒介業者を通した売買契約時の費用(印紙代・仲介手数料など)の2つが考えられます。

まず(1)の譲渡税については、売却土地の所有期間に応じて①長期譲渡と ②短期譲渡の分けられますが、5年超の所有期間などの土地売却については①となります。
次に、譲渡税(所得税及び住民税)の計算方法については、【課税譲渡所得=譲渡価額-(取得費+譲渡費用+特別控除)】となり、「取得費」については、その土地を取得した金額(金額不明や相続などによる取得の場合は、売却金額の5%となる。)で計算し、「譲渡費用」については、後に述べる売買契約書貼付の印紙代・仲介手数料・その他売却の為に測量等した場合はその費用などを計算し、「特別控除」については、通常はありませんが、居住用財産売却の場合などには適用があります。
を計算し、上記【】の計算式に当てはめて、+になれば、その金額に対して、①の場合は所得税15%・住民税5%となり、②の場合には、所得税30%・住民税9%となります。
また、上記【】の計算式が-になれば、譲渡税はかかりません。

次に(2)の売買契約の関する費用としては、「契約印紙代」と「仲介手数料」があり、印紙代金は300万円の売買の場合、2000円であり、仲介手数料は、14万7000円(消費税込)が上限となります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる