ID非公開

2020/10/24 18:37

88回答

ツァイスは違う。と良く言われます。ローライやハッセル。やはり中判のツァイスレンズは違いますか。どこがどう違うか教えてください。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さすがphotog_6666さんです。他人の悪口はやめてカメラの蘊蓄に徹してください。そこに貴方の素晴らしさがあります。

お礼日時:10/27 22:35

その他の回答(7件)

0

歴史的に昔の事になってしまいますよ。 今は日本のレンズが世界一だと思いますよ。 今ではソニーなどに使用されているカールツァイスの交換レンズはメイドインジャパンですよ。 日本はドイツの光学技術に追い付け、追い越せと頑張って来た過去の歴史があります。

0

総て古くて日本製が宜しいです。ライカは今だにレンジファインダーです。80年前と同じです。日本ではとっくに使ってないです。

1

中判ツァイスは今、使ってます。 ビオゴン53㎜、プラナー100㎜、ゾナー180㎜(ツァイス三種の神器) ただし60~70年代、単層コーティングのオールドレンズです。 特徴的なのは剃刀の刃のようなキレのある解像力ときめ細かな 諧調域ですかね。さすがはツァイスは違う!と褒めてやってます。 たまたまe-Bayで3本とも製造番号が合致するテヒニカ用連動 カムが見つかったので、今の一連の写真が終わると今度は手持ち 撮影でモノクロ全紙に伸ばそうかと計画してます。は、余計でした。

1人がナイス!しています

1

ツァイスの魅力はコーティングです。 鮮やかな発色でコントラストも高く、逆光にも強いコーティングです。 プラナー大好きでローライフレックス、ローライSL66、ハッセル500c、ヤシコン645などを使ってきました。 言葉にすると安っぽくなりますので、実際に使わないと良さは分からないと思います。 ただ、コンタックス645が壊れて代替えに使ったマミヤRZで撮ったらそれでも結構良かった。 スタジオだと何使っても大差無かったのかもと思いました。 まあ撮影には思い込みも大切だと言う事で、、、

1人がナイス!しています