ID非公開

2020/10/26 1:07

11回答

先日、アランドロンの「太陽がいっぱい」を見ました。

先日、アランドロンの「太陽がいっぱい」を見ました。 . 高校生男子ですが、ドロンの人を殺しても冷静さを保つ、あの鋭い目とどこか影のある所に惹かれてしまいました。 カッコ良かったです。 そこで質問なのですが なぜ最後まで完璧な完全犯罪だったにも関わらず、死体の紐が絡んでいたのでしょうか。 それと警察がホテルの部屋に来て怪しいなと疑われてるのに気づいていたのに、なぜ国外へ逃げなかったんでしょうか。 知ってる方いたらお願いします!

ベストアンサー

1

この映画は憧れとコンプレックス、三角関係が描写されてますよね。二番目の犯罪は突発的だったとは言えこれで完璧なストーリーが完成し成功したと。国外へ逃亡しなかったのは恋人への執着。あと最初の犯罪は計画的だったが、急に海が荒れて、ロープでくくる前に帆が当たって自分も投げ出され、長いロープのまま海へ放置。まさかスクリーに絡むとは想像していなかった。急に荒波になる描写はお天道様は見てるよ、こんなところでしょうか。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/27 1:37

解説ありがとうございます。 なるほど、ロープが長くて絡まった、、最初から完全犯罪は破産していたのですね。 波が荒れたのは、てっきり自分でわざと面舵いっぱいに揺らしてたんだと思ってました。 →お天道様は見てるよ 確かに!!どれだけ逃げてもいつか必ず捕まるよってことだ 俺たちに明日はない、も同じですね