回答受付が終了しました

日本語と中国語ってどっちの方が難しいですか?圧倒的に日本語ですよね?

中国語 | 日本語114閲覧

回答(10件)

1

はい、圧倒的に日本語が難しいです。 文法が確立してなくて出鱈目な言語の代表格です。文法らしきものが有っても大学教授でも人には説明できない難解でいいかげんな文法ですからね日本語文法って。

1人がナイス!しています

1

表記法の問題は別にして、、、 ①発音は中国語の方です。中国語にない日本語の音韻はそれほど多くはありませんが、日本語にない中国語の音韻は多数あります。 ②文法・語法は日本の方です。中国語は、基本的に決まった語順に従って、単語を並べていけば、意味が通じますが、日本語は助詞が違えば意味が全く変わってしまいます。また、日本語には複雑な敬語体系があります。中国語にも敬語はありますが、日本語のように複雑ではありません。 ③日常会話に必要とされている語彙は、日本語のほうが圧倒的に多いようです。 中国語・・・約2500語 日本語・・・約10000語

1人がナイス!しています

3

英語が母国語の人々にとっては、圧倒的にではありませんが、日本語のほうが難しいそうです。 米国国務省で外交官を養成する機関である外務職員局が全世界の言語をマスターするに要する時間を発表しています。 それによると、日本語と中国語は習得に最も時間を要する「カテゴリー5」に属し、その中でも日本語が最難関としています。 「カテゴリー」は、習得時間が短い順に1~5まであります。 ◎カテゴリー5:習得時間2200時間 (★付きは、同じカテゴリーの中でも相対的に難しい言語) アラビア語 広東語 北京語(中国語) 台湾語 呉語(上海語) ★日本語 韓国語

3人がナイス!しています

1

誰にとってか、というのも大事だと思います。 欧米人から見た時なのか、アジア人から見た時なのか。 個人的には日本語の方が難しい気がしますが、人によっては日本語の方が簡単という人もいると思います。

1人がナイス!しています