【投資素人の資産運用方法についてご相談】 20代後半の会社員女性です。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 株はやっぱり素人には向きませんよね。 勉強だと思って買うのも手だと思いますが、損が怖いのでやめておきます。 やっぱり、20台からはじめるなら時間を味方につける方法が有効でしょうか。 iDeCo→つみたてNISAの順で再度検討してみます。 ロボアドバイザーは、やっぱり手数料がネックですね。 面白そうと思って興味はあったのですが、しばらく見送ります。 投資をやるにしても、全部人任せにしてうまく儲けられるわけはないですよね。 もう少し勉強してみます!

その他の回答(7件)

1

私も、リスクの有る物は大嫌い派でした。 証券会社に相談してみたらどうですか? 年利18、5%というとんでもない投資もやってますし。 まあまあ安全なアマゾン㈱など¥4000万程やってます。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

0

リスク取りたくないのならお辞めになった方がよろしいでしょう。ひょっとしたらこの先もデフレ続いて預金者が勝利するかもしれませんからね。私はリスク追い求めますが、人それぞれです。あえて言うなら都市銀行の預金、定期預金は地元の信用金庫、信用組合に移す位かな。将来貴方が資金調達する時に味方になってくれるのは地元の信用金庫です。都市銀行は我々一般市民等相手にしてくれません。口座の存在すら無駄ですね。

0

まあ、全部嘘ですよ。嘘といえば。 あと、ちょっとだけ、儲かればいいということで、安全にできないか。 その時点で負けは決まっているので。 やめたら?

回答ありがとうございます。 嘘ですか(笑) まあ、半分本当、半分嘘みたいなところはあると思っています。 運用方法にもよるし、運もありますもんね。 ちょっと軽い気持ちで、やってみようかなと思ったのですが。 リスクも考慮して、もう少し考えて見ます。

0

普通に働いてる人が利用すべき貯蓄関連制度の優先順位は 1.iDeCo 2.NISA 3.普通の運用 です。これはタックスメリットが大きい順です。結局どんな商品よりもまずタックスメリットをとりにいくのがもっとも確実で実質リターンが大きくなります。 保険商品は実際の運用コストがちょーバカ高いので貯蓄という意味では(保障は別)まったくお勧めできません(はっきりいってやらずぼったくり)。 次にiDeCoとNISAを限度額いっぱいまでやりましょう。iDeCoとNISAは運用益が非課税になります。またiDeCoは60歳まで引き出せないというデメリットはありますが所得控除になるので現状の所得税、住民税、所得連動経費が減るという大きなメリットがあります。現在の所得税率が10%なら住民税と合わせて20%のおまけが最初からついてるようなものです。 iDeCoやNISAといった積立物は投資先としていろんな銘柄がありますが、初期段階では分散は考える必要はまったくありません。潰れてなくなること以外なら、最初のうちは積立残高も小さくて損したといっても金額的にはたかが知れてるからです。2000万たまってて20%やられたら400万の損であいたたたたってなりますが100万(積立3年目くらい)しか積みあがっていない段階で20%やられても20万です。 もともとファンドはそれ自体がポートフォリオとして分散されているので同じアセットクラス(株とか債券とか)で分散してもさほどの効果は得られません。 んで5年から10年ごとくらいで見直しをやっていきます。その時リスクの少ないものを追加していって支給時がちかづくにつれてリスクを下げていくのが定石です。こういう時間分散をはかったほうがしょっぱなから銘柄分散をはかるより効果が大きいです。 まずは先進国株式のインデックスもの一本でいいです。新興国はぶれが大きいので長期的には必ず大きく下がるところがあります。そこで追加すればいいです。こういう長期積立では結局運用コストがものをいうので、運用コストの安いものを選びましょう。 債券物はある程度資産が積みあがってから考えるで構いません。通常は現預金を持っているはずですのでトータル資産で考えるべきです。確定拠出はタックスメリットが大きいのでキャピタルゲインの取れそうなものはこっちに固めておき、債券ものは外枠でってことでいいと思います☆ ちなみにロボなんちゃらは自分で考え行動出来る人には不要の商品です。手数料払っても自分で考える手間が惜しい人向けです。問題はこの商品を過大評価してしまう情弱の人々です。 ロボなんちゃらの組み入れてる商品はすべて普通に買えるインデックスファンドです。なんでロボなんちゃらが独自で目指せるアルファはその組み合わせとアセットアロケーションのリバランスによる効果だけです。なんかすごーぃ銘柄をピックアップしてくれるわけではありません☆☆

詳しい回答ありがとうございます。 確かに、税制優遇は大きいかもしれません。 質問するまで、iDeCoの所得控除とかはあまり意識してなかったのですが(「投資で得た利益!」と目に見えるものではないので)、よくよく考えてみるとそれが一番のメリットなのかも。 利益率とかリスクばかり見ていましたが、運用コストも盲点でした。 商品の選び方についてもありがとうございます。 若いうちは、多少リスクが高いものを選んでいても大丈夫そうですね。思い切って比率を増やしてみようかな。 ロボアドバイザーは、やっぱり誇大広告なところがありますよね。 面白そうだなと思ったのも事実ですが、ちょっと見送ります。

0

まず最初は、課税対象品はしない。 課税対象品とは、ゴールド、FX,仮想通貨。配当金のあるもの。 次に、非課税商品、手数料が安いものを始める。 積み立てNISAやイデコなど。 次にランニングコストの削減 ロバアドバイザーなど年間にかかる費用の削減、保管手数料、信託手数料は0に近いものがよい。 ちびちび初めて、長く継続して、100年後まで考えるのが投資信託。 S&Pやインデックスファンド、またはナスダック連動商品40年で20倍。100年で1000倍。 子供が生まれたらジュニアNISAに100万、そのまま40年後に子供にあげたら、2000万になり、子供は老後の心配をしなくて済む。 100万をそのまま運用続けたら、2000万、あなたの老後も年間4%の現金化だけで年80万。2000万を崩さなくてもいい。 孫が老後の時期には10億以上の資産になります。 とはいえ、上記はたった5%~7%の計算。 今年、SBIの日本成長株ファンドは1年で100%してます!! 私が持っているグローバルフインテックも3か月で10%なので、定期預金やめました!定期500万、7年で利息12000円でした!

回答ありがとうございます。 定期預金、何百万を何円も預けたときの利息考えると本当に馬鹿らしいですよね。 やっぱり、多少の投資は必要でしょうか。 課税、手数料などの面も考慮して、選びかた考えてみます!