ID非公開

2020/10/26 11:40

44回答

民法ってこの国に住む為のルールみたいなものだと思うのですが、なんでわざわざ分かりにくい言い方をするのですか?もっとわかりやすい言い回しにして皆さんに知ってもらうべきではないでしょうか?

民法ってこの国に住む為のルールみたいなものだと思うのですが、なんでわざわざ分かりにくい言い方をするのですか?もっとわかりやすい言い回しにして皆さんに知ってもらうべきではないでしょうか?

ベストアンサー

0

そうですね。 民法は2004年に現代語化されたようですが、民法に限らず法律文は普段あまりなじみのない文章なので難しいです。 ちなみに、 民法第一条 私権は、公共の福祉に適合しなければならない。 2 権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。 3 権利の濫用は、これを許さない。 です。 この程度なら意味が分からないこともないような気もしますが、普通の会話では使いませんね。 さて、どう修正したものかと考えるとこれもなかなか難しいです。 第一条 公共の福祉に反するような主張はしてはいけません。 2 権利や義務を言う時は、自分勝手な解釈でしてはいけません。 3 何でもかんでも、これは権利だと言っても認めません。 でしょうか。

その他の回答(3件)

0

もっとわかりやすい言い方で書こうとすると正確でなくなります。 法律は裁判の基準になるものなので、正確であることの方が重視されます。

0

改正民法は確かに一般の人には分かりにくくなってしまいましたね。ただ、日本法は世界的に見たらきわめて平易な言葉で書かれています。明治時代からの方針で、条文はなるべく簡素に、誰でも分かるようにというのが日本法の特徴だからです。世界的に見たら条文数も少ないです。読みづらいとしたら、むしろパンデクテンと呼ばれる条文のまとめ方にあるでしょうね。 ですが、最近は法改正のたびに複雑化しているなという印象です。これは取引が複雑化したり、判例が蓄積されていたりするので、仕方ない面があります。そのような時は、一番最初の形態を見ると分かりやすいです。 もし2020年以前の民法を目にする機会があったら読んでみてください。大まかな作りはそこまで変わっていないので、パラパラ読むうちにイメージが持ちやすくなると思います。

1

あれでも大分わかりやすくなっています。 未成年者飲酒禁止法 第一条 満二十年ニ至ラサル者ハ酒類ヲ飲用スルコトヲ得ス ○2 未成年者ニ対シテ親権ヲ行フ者若ハ親権者ニ代リテ之ヲ監督スル者未成年者ノ飲酒ヲ知リタルトキハ之ヲ制止スヘシ 前はこんな感じでしたからね。

1人がナイス!しています