回答受付が終了しました

ついに大塚久美子社長が辞任に追い込まれましたけど、やっぱり父親のほうが社長として有能だったのではないでしょうか?

2人が共感しています

回答(15件)

0

いまどきオフィスにあのようなオフィス家具を導入して気分よく仕事をしてもらいたいという企業は見当たりません、確かに品物は良いですがだれが社長というより取扱い商品のニーズがずれていると思います。

0

まあ、すでに知名度が高い状態から経営を始めるより 何もない状態から成功する方が難しいでしょうから そうなんでしょう。 結局いまうまく行ってないのだから もう父親も時代にはあってないのでしょうけど

0

そうですね。 ニトリやSAKODAとは、違う客層をターゲットにすればよい訳で 地方の小規模家具店が生き残れないのか?と言うと お得感とアフターサービスや、家具のメンテのアドバイスとか 差別化できる余地はあります。 有能とか無能とかではなく、顧客ニーズの読み間違いと スピード感がなかったコトが大きいんでしょうね。

0

そりゃそーだよ、販売商売は7割は経験則だよ、 偏差値じゃ売れないからね。 わては最初からカジュアル安値路線は失敗すると踏んでた。 大手が、すでにやっていて路線に乗せてるのに、そこに参入したってマーケットの規模が大きくなるわけじゃないので、新参者が負けるのは眼に見えていたよ。