パチンコって長く見て最終的にプラスで得する人と損する人どちらが多いんですかね?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

当たり前のことですがパチ屋さんは商売なので損をしながら営業を続けることはありません。 国営博打のようにべらぼうなテラ銭を盗りはしませんがそれでも売り上げをすべて客に還元するわけではないのです。 ですから当然客の取り分は投資額より少なくなります。 ほとんどの客は損をします。 そうでないと商売として成り立たないからです。 昔はパチの攻略情報がおおっぴらになるとすぐに台が撤去されました。 客が勝ち続けちゃうからです。

1

これは考えても意味ないんじゃない? 普通の人はパチンコで生活立ててる訳じゃなくて、遊びの一部としてやってるんだよね。 だから絶対に勝つ必要はないじゃん。 損得の金額が問題なんじゃなくて、生活に支障をきたさない遊びに方が重要。 日々それに気を付けていれば、トータル+でも-でもいいじゃん。 むしろ、トータル+とか、通算こんだけ勝ってるとか誇りたがる人は、パチンコで勝たないと食えない人なんじゃない?

1人がナイス!しています

0

圧倒的に損する人の方が多いです。 当然正確な数字の統計は無いですが、定期的に行われている遊技者へのアンケート結果などを総合すると、生涯収支でプラスになっている人は多く見積もっても全体の1割~2割程度と言われています。