三浦按針はなぜ日本に来たの?

日本史9閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

オランダで「極東」での交易を目的に編成され5隻の船団があった。 ベテランの航海士だったウィリアム・アダムスはオランダの船乗りたちと交流するうちにこの話を聞きつけ、船員募集に弟と共に応募・採用された。 しかし船団はマゼラン海峡での嵐で離散してしまい、1隻はポルトガル、もう1隻はスペインに捕まり、1隻は諦めて引き返し、先に進んだ2隻のうち1隻は沈没するという有様でウィリアム・アダムスの弟も途中でインディオに殺害された。 最後の1隻のリーフデ号はようやく漂着同然で九州に到着したが、もはや交易どころではなく、船員も24名にまで減少。 しかも漂流の後遺症で10名までが1年以内に死亡する有様だった。