労働基準法違反の強制労働の禁止とは、 「具体的に、どんな状況」なのですか? 例えば、退職希望日の後も、出勤の命令をするや、

労働問題 | 社会保険55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、貴重なご回答、ありがとうございました。 お待たせしました。 なんか、わかってきました。 winさんの、 強制貯金で下ろせなく、辞めれなくする。 5条違反でないが、問題あり。 参考になり、BA悩みました。 タコ部屋か。 「職権濫用や、病気は安全法に引っかかる」のか。 これは、なるほどです! また、何かあれば、お願いします。

お礼日時:1/21 20:29

その他の回答(2件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

スマホで録音しましょう 逆質問の重要性 逆質問でその相手の質問する目的がわかる、 逆質問に怒る、とぼける、あわてるは人に害を加える目的の質問している ______________ 犯罪行為隠しの見分け方は犯罪行為は不可と覚える ふ、フルネームで自分の名前を言えない か、かんたんな質問に怒る、とぼける、 ______________ https://blog.goo.ne.jp/memoyou2019/e/735e98933fb97863c3c04d11c97eb8bb

1

労働基準法第5条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。 暴行、脅迫、監禁はそのままですが、その他のイメージとしては、労働契約不履行に関する賠償額予定契約や、強制貯金などです。 途中で辞めた場合は100万円を請求するというような不当な労働契約をしていて退職できない状況や、貯金をするよう強要されその貯金がおろせないためにいつまでも退職できないような状況ですね。 質問者様の例のような、無理やり出勤の命令をされた程度では労働基準法第5条違反にはなりません。 ただ、あくまでも労働基準法第5条違反にはならないというだけであって、問題がないというわけではありません。

1人がナイス!しています