一級建築士と二級建築士の違いは何なのでしょうか? 戸建てを建てたいと思っている者です。 ハウジングセンターに有るような

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

参考になりました。 皆様、どうもありがとうございました!

お礼日時:11/16 8:30

その他の回答(6件)

1

一級と2級の差は、端的に言えば設計出来る建物の規模の制約の差です。 当然大規模な建物はそれだけ知識とスキルが求められるので一級しか出来ない物があります。 しかし、現実に身の回りにある建物の多くは2級の範囲で出来ちゃうレベルの物が殆どです。 また、一級の方が知識やスキルが高いことが望ましいですが、現実には2級でも大した人もいれば、使えない一級も沢山います。 有名建築家だけど、スキルが全くない輩も実はいます。 私も呆れて某現在世界的建築家になっている人に、貴方みたいなレベルの低い人と仕事は出来ないと捨て台詞吐いた事もあります。 そう言う世界なんです。残念な事に。 まぁ、世の中にいる建築士の50%は級を問わずバッタ者だと考えていて良いと私は思います。 良い建築士に出会えると良いですね。

1人がナイス!しています

0

①他の回答者の皆さんが、詳細な内容の違いを書いてくれていますので、気になるのであれば読んで見てください。 ②簡単に言えば「1級建築士」=「大型免許」、「2級建築士」=「中型免許」、「木造建築士」=「小型免許」だと考えてください。 ※ちなみに普通の規模の「戸建て住宅」であれば、「小型免許」でも十分なので、免許の違いを気にする必要性はありませんよ。

6

住宅でしたらいずれの資格でも問題ないと思います。 違いは建物の大きさで設計できる建物が違うのです。 その設計士が木造住宅を主にやっているかビルなどの建物を主に設計しているかです。その分野の経験が豊富ならもんだいありません。 1級建築士でも工場や事務所ばかりやっている方に木造の知識は亡い方もいます。

6人がナイス!しています

4

①、単純に回答すると建築士法第3条に二級建築士は、特殊建築物は 30㎡まで。木造は300㎡まで、他は延べ床面積が100㎡または、3階 までの設計監理は設計事務所登録があれば設計監理が可能とします。 ②、一級建築士は何れの建物の設計監理も可能です。但し、資格とは、 最低基準を満たす能力があると認めただけでだが、試験は二級と大差 あり。またその実務能力があるかはその後の努力とセンスの次第です。 ③、地元の工務店の設計施工の依頼は、撤退もなく地元信用を大事に しますその点で良いが、悪まで技能職人集団が多く、建築士がいれば 尚よいです。設計監理は貴方様よりの第三者の設計事務所が最適です。

4人がナイス!しています

2

個人住宅に、一級建築士・二級建築士は気にしなくて良いです。 それよりは設計士の存在が問題で、建築士の資格を持っていなくても設計・工事監理できる範囲があるのです。 実務を担当している設計担当は、あくまでも設計補助(実務作業)をしているだけで、設計責任は『建築士』となります。 特に契約前は営業担当や設計士が間取り提案などをするケースが多いので、提案説明には建築士の同伴を求める事です。

2人がナイス!しています