回答受付が終了しました

もう少しでトヨタ クラウンは 生産終了になりますが、トヨタのセダンマニアはどんな車種に乗るようになるのでしょうか?

自動車2,239閲覧

13人が共感しています

回答(23件)

1

受け皿としてはカムリやプリウスですかね 価格的にレクサスに変える人は少ないでしょう (多少はいると思いますが、そういう人はクラウンではなく最初からレクサス買います。) ですが本当の受け皿は違うと思います! セダンマニアがいつまでもセダンマニアと思ったらいけません。 私の父も何十年もセダンでしたが等々セダンではなくなりました。 本当の受け皿はSUVです。 ハリアー、RAV4、ランクルあたりではないでしょうか? 特にハリアーは見た目はスタイリッシュでクーペスタイルなのに 実用性もあって運転しやすい。 まさに今までクラウンを乗ってきた年配層向けの車です。 父もSUVに乗り換えたのは最近は他車がミニバン、SUVみたいな大きい車ばかりでせっかく高級なセダン車を買っても 背が低くて目立たないし視界が悪いと言っていました。 歳も年ですしSUVに乗り換えて乗り降りが楽だし運転もしやすくなったと言っていました。

1人がナイス!しています

2

トヨタのキャッチコピー「いつかはクラウン」は、販売戦略上のキーワードでもあります。 成功者のキャデラックと同じ。 当時下はスターレット(旧パブリカ)→カローラ(ターセル・コルサ)→コロナ→マークⅡ→クラウンと大衆車ボトムから成り上がって最後の上がりがクラウンと言うこと。 センチュリーはショーファードリブンですから系列から外れます。 スポーティー系は別系列。 一時ホンダ、その後マツダのクラスレスメーカーに翻弄されながらも、かたくなに守ってきた、ユーザーの購入価格アップ戦略ですが、これは日本独特の5ナンバー枠が存在したから。 タクシー向けや法人向けに手堅い需要があった。 これが、米国の外圧で3ナンバー車が買いやすい法改正が実施。 猫も杓子も3ナンバー車。 トヨタの成り上がり戦略が崩れた。 しかもそこにベンツの様になりたいレクサスブランドの登場。 セダン系の系列が複数できて、成り上がり戦略が成立しなくなった。 当時、マークⅡとの差別化に悩んでいたが、そんな状況でなくなった。 クラスレスは、トヨタ自身がプリウスのヒットをさせてとどめを刺した。 ご質問には、クラウンの受け皿は、プリウスのようなクラスレス車か、別系列のレクサスになると思います。

2人がナイス!しています

6

生産終了のクラウンはタクシー向けのセダンの方です

6人がナイス!しています

3

センチュリーも型落ちは暴落状態。 アスファルトしか走れないクルマの歴史価値なんて所詮そんなものです。 せせら笑うほかありませんね。そのとき限りの輝き。 当時の大衆向け、馬車みたいなT形フォードが高級車を大きく凌ぐ性能や堅固ぶりを発揮していたことを忘れないように。

3人がナイス!しています